2017年07月04日

あじさい巡り


こんにちは、サキチです。
台風上陸ですね…皆様十分お気を付け下さい。


先々週、先週とあじさい寺を巡ってきました。
ここ数年恒例のあじさい巡り、これまで京都府の三室戸寺(宇治市)、奈良県の長谷寺(桜井市)、矢田寺(大和郡山市)、神奈川県の長谷寺、成就院(共に鎌倉市)、横浜イングリッシュガーデン(横浜市)等に行ってきましたが、どこもお寺の雰囲気や植わっている種類、お庭の構成が違ってそれぞれの美しさがあります。

今年は奈良県の久米寺(橿原市)、談山神社(桜井市)、神奈川県の明月院、円覚寺(共に鎌倉市)に行ってきました。
どちらもたまたま雨上がりだったのですが、葉や花から滴るしずくもまた美しく、こんなに雨が似合う植物は他にないなぁ…と毎年のごとく見惚れました。



*久米寺

IMG_5710.JPG IMG_5716.JPG  
品種名は不明ですが、鮮やかなピンクと小さなクローバーのようなガクが繊細でとても可愛らしく目に留まったお気に入り品種たちです。



IMG_5725.JPG IMG_5724.JPG 
一枝につく花をじっくり見るのも、まとまった数株を全体で見るのも素敵です。


IMG_5718.JPG
あじさいと言えば…!まだ殻もやわらかそうな、赤ちゃんの?カタツムリを発見(^O^)

あじさい園は迷路のようで、色とりどりの花を見ながら、ぐるぐる回るのが楽しかったです。
今回は車で行きましたが、橿原神宮前駅から徒歩5分とアクセスも良いのでおすすめです♪




*談山神社

くねくねの山道(といってもきれいに整備された広くて運転しやすい道)を通り、かなり高いところまで上がっていきます。
桜井駅からバスも出ているようです。

神社に着くと、ひんやり気持ち良く、少し夏の暑さを忘れられます。
長〜〜〜い階段を登っていくと本殿です。
IMG_5759.JPG
   

桜と紅葉の名所で、あじさいは広い範囲に多く植わっているわけではないのですが、様々な品種が見られました。

IMG_5739.JPG IMG_5728.JPG IMG_5727.JPG
一つひとつのガクがお皿のようになっている品種がお気に入りです。
雨上がりで水が溜まっていて光に当たってキラキラきれいでした。

 
こちらは、色付く前のガク(もしくはこういう品種?)とのグラデーションが美しく、涼しげで爽やかな印象です。
IMG_5750.JPG IMG_5752.JPG

 
カタツムリを探していたら、また別のお客様がいらっしゃいました(*^_^*)
ハート型のあじさいも発見♡
IMG_5744.JPG IMG_5753.JPG



午前中雨だったとは思えないくらい晴れて光が射してきて、青々としたモミジもあじさいに負けず美しかったです。
IMG_5755.JPG



あじさいを中心にご紹介しましたが、世界唯一の木造十三重塔(重要文化財)や色彩豊かな本殿も見所の神社で、藤原鎌足公が祀られていることで知られています。
お近くの方は是非足を運んでみてください。



鎌倉市のあじさいも…と思っていましたが、割とボリューミーな記事になってしまったので、
また近々あらためて紹介させていただきたいと思います。お付き合いください^^


★大和農園の通信販売カタログ(無料)をご希望の方はこちら★






posted by 大和農園 通信販売部 at 15:42| Comment(0) | 見頃の花

2017年06月30日

梅仕事


こんにちは!
久しぶりの Tanba です♪

暑さが本格的になってきましたね。
みなさん、早くも夏バテしていませんか?

我が家の庭ではブルーベリーのフロリダローズが初めて実をつけました。ピンク色の可愛さに収穫をためらっています・・・。
撮影日:2016/6/23
写真@IMG_3559.JPG

さて、今年はずっとやってみたかった梅仕事に挑戦しました!
一度、自分で梅酒を作ってみたいと思い続けて早何年・・・。やっと夢が叶いました。

写真AIMG_3520.JPG
熱湯消毒した4ℓの保存ビンと
◍ウメ  1s  
◍氷砂糖 1s  
◍焼酎  1升(1.8ℓ)   を準備します。

お酒はホワイトリカーで漬けるのが一般的な様ですが、我が家は焼酎にしてみました。
35度以上のお酒を使えばよいそうで、ブランデーなんかも美味しそうですね。

@まずは梅を洗って、楊枝などでヘタをとります。
傷つけない様に注意して、水けをふきとると、艶々の青梅に◎
写真BIMG_3516.JPG

A梅と氷砂糖を3分の1ずつぐらい順番に入れて・・
写真CIMG_3521.JPG

B後は焼酎を注げばセット完了!
写真DIMG_3527.JPG

C冷暗所で飲み頃までゆっくり待ちます。
飲める様になるのは3か月後からで、出来れば1年寝かした方が美味しくなるそう。
1年も待てそうにないので、3か月後の味見が楽しみです♪


今回は、一緒に梅シロップも作ってみました。
写真EIMG_3528.JPG
シロップの方はキビ糖を使って、片方(500g)は梅を冷凍し、片方は梅にいくつか穴をあけて仕込んでみました。味にも違いが出るのでしょうか?

写真FIMG_3532.JPG
こちらは2週間ぐらいで完成予定◎
梅シロップで夏バテ予防もばっちりです。

次なる夢は、自分で育てた梅の実で梅仕事がしてみたい!
まずは、梅を植えなければ!!(笑)
★大和農園オンラインショップ ウメの苗木はコチラ★

何年後に叶うかなぁ。


★大和農園の通信販売カタログ(無料)をご希望の方はこちら★


posted by 大和農園 通信販売部 at 17:53| Comment(0) | ○○のおいしい食べ方

2017年06月27日

ミニかぼちゃ栽培に挑戦A


こんにちは、ぱんだです(^^)

相変わらず、梅雨なのに雨の少ない日が続きますね(..;)
出かけやすいのは嬉しいですが
水不足や農作物等は大丈夫でしょうか…
少し心配になってしまいます。


今回は『ミニかぼちゃ パルムグリーン』の栽培奮闘記第2回目です!
畑に定植した苗はどこまで大きくなったのでしょうか(^^)
ちなみに種まきから畑に定植までは
ミニかぼちゃ栽培に挑戦@をご覧ください♪


定植した約2週間後がこちら。
撮影日:2017/5/26
1.png
前回の記事の段階から葉っぱがさらに増えて、青々としてきました!
ここからぐんぐん伸びてきます!



撮影日:2017/6/9
2.png
先程の写真から約2週間(定植約1ヵ月後)でこの成長ぶり…。
葉の大きさもつるの長さも立派になってきて、逞しいです。
お花も咲き始めました。



一般的にはこのまま地を這わせて栽培しますが、
今回は立体仕立てを試してみようという事で、
支柱を3本立てて、これに固定をしていきます。
台風で倒れたら大惨事なので、限界まで土中に差し込みました。
下の写真は、設置直後の様子です。
撮影日:2017/6/12
3.png



固定の仕方はこのような感じで、
支柱の間でひもとつるを適度に絡ませながら張ると
上手く誘引が出来ると思います。
撮影日:2017/6/23
4.png


いろんな育て方に挑戦できるのも家庭菜園の醍醐味ですね(^^)
これからどんなふうに育っていくのでしょうか???
収穫まで元気で育ってくれますように〜!



★大和農園の通信販売カタログ(無料)をご希望の方はこちら★

★大和農園オンラインショップはこちら★


〈栽培メモ〉
土作り:1uあたり完熟牛糞堆肥 2kg、化成肥料8−8−8 70g、苦土石灰 150g
定植日:2017/5/8 株間30cmになるように定植(ポット播種 2017/4/17)
気候:奈良県天理市の気候に準ずる
posted by 大和農園 通信販売部 at 17:25| Comment(2) | 栽培奮闘記