2017年07月21日

育てた花を切花に♪


こんにちは、サキチです。
屋上ではこの暑い中、夏の花々が満開で毎日元気をもらっています。^^
その中のいくつかを切花にしてみたのでご紹介します♪


大人気の雪白友禅菊と、爽やかな青花フジバカマ。
雪白友禅菊は毎年人気なのが頷ける可愛らしさ。
清楚な小花がとても可愛らしく、実物は写真よりももっと可愛いです!笑
青花フジバカマは増えに増えて群生になっており、緑の葉とのコントラストも美しいのですが
こうして切花にするとまた少しイメージが変わって素敵です。
少し控え目で癒し系の切花になりました*
IMG_6144.JPG

雪白友禅菊はコチラ
青花フジバカマはコチラ




IMG_6443.JPG
こちらは打って変わって元気いっぱいのイメージに。
雪白友禅菊同様、毎年人気の宿根ヒマワリ・ロドンゴールドと
2017秋カタログで新発売のルドベキア・プレーリーグローを合わせてみました。
ロドンゴールドは輝くような黄色い花弁の重なりが可愛らしく、夏にぴったり♪
プレーリーグローは花弁の2色のコントラストが可愛いのはもちろん、
茶色い茎が花の色味をさらに引き立ててくれます。

宿根ヒマワリ・ロドンゴールドはコチラ
ルドベキア・プレーリーグローはコチラ




今回は小さな花瓶に合わせて短く切りましたが、どれも草丈はしっかり伸びるので
その高さを活かした切花も素敵だと思います。

お盆やお彼岸等、切花が欠かせない時期に大活躍の品種たちを
ぜひご自宅でも育ててみてください。^^





おまけ犬

2017春カタログにも掲載しました、宿根アサガオ・ケープタウンブルー。
↓こちらは午前中に撮影した写真ですが…
IMG_6433.JPG


↓午後になるとこうなりますヽ(^o^)丿
IMG_6452.JPG
(撮りに行くのが少し遅くなったのでしおれかけですが…笑)


朝と夕方で違う色を楽しめるのは面白いですよね。
本当にきれいに別の色に変わるので、魔法のようです。^^



★大和農園の通信販売カタログ(無料)をご希望の方はこちら★


posted by 大和農園 通信販売部 at 18:50| Comment(2) | 見頃の花

2017年07月19日

私の夏野菜レシピ


こんにちは!久しぶりのまこです。
暑い日が続きますね。
あまりの暑さに、我が家ではかき氷機を購入しました!
少しは涼しくなれる気がします。

さて、夏といえば冷たい食べ物や夏ならではの野菜を使った料理を食べたくなります。

例えば、「茄子の揚げ浸し」です!
茄子を揚げて、めんつゆに生姜を加えて、揚げた茄子を投入!
とても簡単に出来て美味しいので、大好きです。

小さい頃から母がよく作ってくれる「モロヘイヤの中華スープ」も夏に何度も作ります!
沸騰したお湯に絹豆腐を入れ、
中華スープの素と醤油、塩で味付けしたら、モロヘイヤを入れます。
火が通ったら、溶き卵をまわし入れ、最後にゴマ油で風味を加えて出来上がりです。
とろとろとしたスープが美味しくて、丼ぶりいっぱい食べてしまいます(^^;
モロヘイヤは別名「王様の野菜」とも言われ、
ビタミン類やカルシウム、鉄分などの栄養がたっぷりです!
ぬめり成分のムチンは内臓機能を高める効果もあり、夏にぴったりの野菜ですね☆

夏といえば、ゴーヤーを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。
私の中でゴーヤーといえば、「ゴーヤーとツナのマヨネーズ和え」です!
これもよく母が作ってくれます。
ゴーヤーとツナの缶詰めをマヨネーズと塩コショウで和えるだけで簡単です。
ゴーヤーは生のままでもいいですし、苦味が強すぎる場合は塩ゆでしてから使います。
ゴーヤーのサラダ.jpg

最近、友人が教えてくれたおすすめの野菜が「空心菜」です!
ニンニクを油で炒めたら、空心菜の茎、葉っぱの順に炒め、
中華スープの素、塩コショウで味付けします。
簡単に美味しいおつまみが出来上がります!
しかも、空心菜には栄養がたっぷりで、
食物繊維やカルシウム、ビタミンAは、ほうれん草よりも多く含まれています。

最後にご紹介するのは「トマトジュース」です。
こちらは人によって好き嫌いがあるかもしれません。。
トマト(皮ごと)、牛乳、はちみつをミキサーにかけるだけ、これも簡単です。
写真からは伝わりにくいですが、桃色が綺麗で見た目もいいし、甘くて美味しいです。
トマト100%のジュースより、個人的にこちらのジュースが好きです。
トマトジュース.jpg

まだまだ暑い日が続きますが、
夏野菜をたくさん食べて、スタミナを付けて、暑い夏を乗り切ろうと思います!
皆様も夏バテや熱中症などに気を付けて、元気にお過ごしください!


★大和農園の通信販売カタログ(無料)をご希望の方はこちら★


posted by 大和農園 通信販売部 at 16:46| Comment(0) | ○○のおいしい食べ方

2017年07月14日

トウモロコシ栽培に挑戦!


こんにちは、ぱんだです(^^)

奈良では今週からセミが鳴き始め、日差しの強い日が増えてきました。
暑いのは嫌いですが、夏にもいいことがたくさん!
素麺、花火、お祭り!
そして夏野菜の旬です!
今回は、最近収穫をしたトウモロコシの栽培奮闘記をお送りします(^^)
育てた品種はバイカラーのスイートコーン『スイートスター』です。

4/24に育苗ポットにタネを播いて、
1週間ほどで芽が出ました。(写真は撮り忘れてしまいました…)

5/12に肥料やマルチを張って、畑に定植しました。
定植直後の様子がこちら
撮影日:2017/5/12
○5.12.jpg
本来はもっと列を多くした方が受粉率も上がるので、
粒揃いの良いきれいな実が収穫しやすくなるそうなのですが、
スペースの関係上、今回は左右交互に植える千鳥植えにしています。



畑に定植して約2週間後の様子。
撮影日:2017/5/29
○5.29.jpg
ずいぶん大きくなりました!この状態で背丈が40p前後。
追肥は草丈約30pを目安に行うそうなので
株元に化成肥料を少量施しました。



さらに10日後…。
撮影日:2017/6/9
○6.9.jpg
葉が大きくなり、濃い緑色も青空に映えて美しいです。
大きくなるにつれて、株元から分けつが発生してきますが、
切らずにそのままでいいそうです。


そのさらに10日後。
写真ではちょっと分かりにくいですが、頭の部分に雄花が上がってきました。
撮影日:2017/6/19
○○6.19.jpg



雄花が上がり始めた1週間後に雌花も出てきました。
てっぺんで開いているのが雄花、トウモロコシのヒゲにあたるのが雌花です。
撮影日:2017/6/26
○6.26.JPG



ヒゲが根元まで焦げ茶色になったら、さっそく収穫!
ためしに列の端と真ん中を1本ずつ収穫してみました。
すると、皮を剥いて出てきたのは、全く見た目の異なるトウモロコシでした(笑)


左が列の真ん中からとったもの、右が端からとったものです。
撮影日:2017/7/7
○7.7.JPG
トウモロコシは、1粒1粒がすべてそれぞれのヒゲとつながっています。
おそらく、端からとった右側の方は風向きなどの影響か
受粉が完璧に行えなかったのでしょう…。
粒が不揃いで隙間も目立ちますね(^_^;)
列を多くして栽培をすることの重要さを実感しました(笑)



ちなみに茹でトウモロコシで食べ比べをしたところ、
どちらもとても甘くてめちゃくちゃ美味しかったのですが、
より甘かったのは右の方でした。
なぜだろう…。


ちなみに、トウモロコシは収穫するとその直後から糖度が落ちていきます。
せっかくの家庭菜園!食べる直前に収穫してみましょう♪
収穫直後なら、生食もおすすめです!
今回育てた『スイートスター』は、甘味が強く生でも美味しかったですよ♪


お鍋で茹でてもいいですが、皮ごと4〜5分レンジでチン!
これだけで簡単に茹でトウモロコシができちゃいます(^^)
皮つきが気になる方は、皮を剥いてラップやビニル袋に入れてもできます。


育て方は簡単で、とりたても食べられるトウモロコシ栽培!
みなさんもいかがでしょうか???


★大和農園の通信販売カタログ(無料)をご希望の方はこちら★

★オンラインショップはこちら★

〈栽培メモ〉
土作り:1uあたり完熟牛糞堆肥 2kg、化成肥料8−8−8 120g、苦土石灰 100g
追肥:草丈約30pの頃に化成肥料30g
定植日:2017/5/12 株間30cmになるように定植(ポット播種 2017/4/24)
気候:奈良県天理市の気候に準ずる
posted by 大和農園 通信販売部 at 17:50| Comment(0) | 栽培奮闘記