2017年02月03日

鬼は外!福は内!



こんにちは、サキチです。
タイトルの通り、今日は節分です。
家族で豆まきをしたり、恵方巻きを食べられる方も多いのでは?
…ということで、せっかくなので節分に関する話題をお届けします^^


大和農園がある奈良県は、皆様ご存知の通り、寺社仏閣がたくさん。
元興寺や帯解寺、西大寺…様々な場所で節分のイベントが行われています!

中でも今回私が注目しているのは、春日大社の節分万燈籠です。
春日大社のホームページによると、社内の燈籠は約3000基。
中には、藤原忠通奉納の『柚木燈籠』(これは全国で2番目に古い石燈だそうです!)や籠藤原頼道の寄進といわれている『瑠璃燈籠』などもあり、写真からとても幻想的な様子が伝わってきます。
18時頃からすべての燈籠に火が灯るようなので、間に合うお方はぜひ!!!
私もとっても行きたいのですが、残念ながら行けないので私の分まで…!笑
8月14日、15日と節分にしか見られない景色を目に焼き付けてきてください。



そして、節分から話はそれますが、春日大社ではもうすぐ なら瑠璃絵 が始まります。
奈良に来た初めての年に行くことになり、さらに最終日は奈良公園バースデー花火も打ち上げられるということですごく楽しみにしていたのですが…まさかの雪で中止。涙
悔しかったので、とりあえず春日大社には行って、鹿になぐさめてもらって帰ってきました…笑



さてさて節分の話に戻りますが、、
みなさんの住んでいる地方ではどんな豆をまかれますか??
え、大豆一択じゃないの?!と思っているみなさん。私もそうでした…
しかし色々と調べてみると、落花生をまく地方があるとのことで…!!!
しかも中の豆をまくのかと思いきや、殻ごと!!!驚きです。
理由や起源には諸説あるようなので、気になった方は調べてみてください。
日本全国、いろんな文化があって本当に興味深いです*



では最後に。
節分に限らず、美味しい落花生が食べたい!という方にカタログで大人気の品種をご紹介。
殻が、よく見る落花生の約2倍にもなるビッグ落花生『おおまさり』。
もちろん中の豆も大きく、食べごたえ十分!
採りたてを茹でて食べるのが一番おすすめです(^O^)

おおまさりに限らず、落花生の採りたては本当においしいですよね。
去年、土付きでたくさんいただいて、すぐに食べましたが絶品でした。

落花生.JPG




おおまさりは数量限定のため、ご注文はお早めに・・・
☆ご注文はこちらから☆


では皆様、豆まきが白熱して怪我をされないよう(笑)、賑やかな節分をお過ごしください。



ただいまプレゼント企画実施中!!

★大和農園の通信販売カタログ(無料)をご希望の方はこちら★

posted by 大和農園 通信販売部 at 17:12| Comment(0) | 私のおすすめ品種

2017年02月01日

樹氷を見ました!


助っ人の内田です。

時々暖かい日もあり春に向かっているのを感じていますが、まだまだ寒い日が続いています。
今回は昨年に出かけた釈迦ヶ岳についてご紹介します。

釈迦ヶ岳は続日本百名山に選ばれ、奈良県十津川村と下北山村の境にあります。
標高1799メートル。山頂には1等三角点が設置されています。
ピラミッド型の山頂は大峯山系随一の眺望で360度山々が見渡せます。

山頂は世界遺産 修験道「大峯奥駈道」を通るルートになっており、
釈迦ヶ岳のシンボル「釈迦如来」が迎えてくれます。
この優美な釈迦如来像は大正13年夏、大峯開山以来の強力「岡田雅行氏(オニ雅)」が一人で担ぎあげたといわれています。
この釈迦如来像の倒壊を防ぐため大峯奥駈道を修行の場とする全国の寺院の協力を得て修復され、平成19年8月に再び釈迦ヶ岳の山頂に建立されました。
十津川村からは宇宮原の旭橋から「もみじ街道」に入り、釈迦ヶ岳登山口へ登ることができます。

※以上、十津川村観光協会HP(http://totsukawa.info/joho/world_heritage/syakagatake.html)より引用。


普段は家でゴロゴロしていることが多いのですが、昨年末、会社の方にお誘いいただきこの釈迦ヶ岳に行ってきました。
今回は大峰山脈西側の太尾登山口からの出発を目標に早朝天理を出発しました。
このコースは比較的初心者でも登りやすく標高差500m、往復4時間ほど登って来れます。
ただし、登山口にたどり着くまでの林道が長く、道が細くてクネクネで、落石も多く、ガードレールがない場所もあるため、新車・大型車で行くのはおすすめできないのでご注意を。

9時くらいに登山口に到着、出発しました。あいにくの曇り空でのスタートになりました。
始めに少し登ると、すぐに緩やかな登りになりました。時期や標高の関係もあり、笹と枯れた木々が少しある程度でしたがひらけていていい感じでした。
進むにつれ少しずつ樹氷が出てきました!
DSC_0597.JPG

最初は少しでしたが、、
進むにつれて樹氷が増えていき、、
DSC_0625.JPG

後半は絶景でした。
DSC_0646.JPG

樹氷を見ながら進んでいくと登りがキツくなり、登山口から2時間ほどで山頂に到着しました!
山頂では釈迦ヶ岳のシンボル「釈迦如来」が迎えてくれました。
DSC_0654.JPG

お釈迦様の大きさは台座を含めると高さは3m以上あるそうで霧氷と合わさってとても感動しました。
帰りは晴れ間も見え、樹氷と相まってこれまた感動しました。
DSC_0686.JPG

DSC_0712.JPG


またいつか行きたいです!!

なお、今回のコースは初心者向けではありましたが、後半は指先の感覚が薄れていく程寒かったのでしっかり準備した方がいいと感じました。
選ぶコースによっては難易度が高いものもあるそうなのでその辺りもご注意を!


ただいまプレゼント企画実施中!!

★大和農園の通信販売カタログ(無料)をご希望の方はこちら★


posted by 大和農園 通信販売部 at 18:26| Comment(0) | オフタイム

2017年01月30日

会報誌「新種苗・2017早春号」発行!



こんにちは、マスオです。
寒い日が続きますが、少しずつ日が長くなってきましたね。
秋の夜長もいいですが、やはり太陽が昇っている方が活動できる気がします!

今回は「新種苗 早春号」のご紹介をさせていただきます。
友の会の会員様は、そろそろお手元へ届いている頃ではないでしょうか?


まずは今号の表紙から!
201701301.JPG
山吹色の背景に梅の姿が映える、美しい表紙になっています。
金色の屏風絵のようにも見え、個人的にはかなりお気に入りです。


そして特別に!内容の一部をご紹介させていただきます♪

「福井県大野市に行ってきました!」
201701304.JPG
まずはこちら。大人気品種・大野サトイモの産地レポートです。
抜群の美味しさ&育てやすさの秘密に迫ります!

「健康にお役立ち!身近な植物の効能」
201701303.JPG
こちらは、今号から始まる連載企画です!
意外と知らない身近な植物について、育て方から栄養成分まで
たっぷり読みごたえのある内容になっております。

「ムダなくまける 野菜のタネの少量セット」
201701302.JPG
なんと!待望の野菜種子少量セットも登場です♪
家族で食べる分だけ育てたい、家庭菜園にチャレンジしてみたい……
そんなお声にお応えして、少しずつ育てられるセットをご用意いたしました。

他にも栽培に関する連載や園芸相談など、お楽しみいただける記事が盛りだくさん♪
大和友の会にご入会いただいた方にお送りしておりますので、この機会にぜひお申込みください!


友の会にご入会いただきますと、
・会報誌(今回ご紹介したような冊子)を年に4回お届け
・全ての商品を10%割引でご提供
・年末に「大和農園オリジナルカレンダー」をプレゼント
など、お得な特典がございます。

詳しくは大和友の会のご案内ページをご覧ください。
大和友の会のご案内
インターネットからのお申し込みも可能です!
初めての方は新規WEBユーザー登録をお願いいたします。

新種苗・早春号、ぜひ沢山の方に手に取っていただければと思います♪
マスオでした。

★ただいまプレゼント企画実施中!!★

★大和農園の通信販売カタログ(無料)をご希望の方はこちら★

★大和農園オンラインショップはこちら★

posted by 大和農園 通信販売部 at 17:21| Comment(0) | 大和農園ニュース