2019年03月20日

レンジで簡単♪桜餅


こんにちは。
まこです。
暖かくなったと思いきや、また寒くなったり、体調を崩しやすい季節ですね。皆様お元気にお過ごしでしょうか。

先日、娘の保育園の花壇で、今年初めてアゲハチョウを見つけ、季節の移り変わりを感じました!
アゲハチョウ.jpg
普段見かけるよりサイズが小さいような…と思い調べてみると、アゲハチョウには春型と夏型があり、幼虫の時に食べる餌の量でサイズが異なるようです。今の時期のアゲハチョウは春型で、蛹の状態で冬を越しますが、冬場は餌(若い葉や新芽)の量が少ないためにサイズが小さくなるようです。

さて、本題です。
もうすぐ桜の開花時期ということで、春を感じる和菓子「桜餅」を初めて手作りしてみました!食紅で着色して蒸し器で蒸して、、、と手間がかかるイメージでしたが、購入した道明寺粉に「電子レンジを使う場合は…」と説明書きがあり、電子レンジを使って作ってみました。
まずは道明寺粉に砂糖と水を加えて10分放置します。もともと桃色に着色された道明寺粉だったため、着色の手間が省けました。ラップをして電子レンジ600ワットで4分加熱。ラップをしたまま、さらに10分蒸します。(その間に、桜の葉の塩漬けは水に浸けて塩抜きし、ペーパータオルで水分を取っておきます。)
桜餅1.jpg

綺麗な桃色のやわらかいお餅が出来ました☆つぶつぶが良い感じで残っています!
あんこを中に入れて、1個ずつ丸め、桜の葉で包めば、簡単に完成しました!

桜餅2.jpg
(市販のあんこを使ったこと、道明寺粉がすでに着色済みだったこともあり、思った以上に簡単でした…笑)

そして、もう一つ。
皆様、「ねったぼ」という言葉を聞いたことはございますか?鹿児島の郷土料理で、お餅とサツマイモを合わせたおやつです。本来は、お餅とサツマイモを蒸して練り合わせるのですが、今回はお手軽に鍋一つで出来るレシピを見つけたので試してみました!インターネットでいろいろなレシピを見ましたが、今回はサツマイモ300g、お餅100gの割合で作ってみました。
まず、2〜3cm大に切ったサツマイモを軟らかくなるまで茹でます。そこに1〜2cm大に切ったお餅を入れて、お餅が柔らかくなるまでさらに茹でます。
ねったぼ1.jpg
お湯を捨ててマッシャーで滑らかになるまでつぶせば出来上がりです。

ねったぼ2.jpg
お好みで砂糖を加えたり、きな粉をまぶしたりして食べます。

小さい頃から祖母や母がよく作ってくれた懐かしい味です。食べきれなかった分はラップに小分けにして冷凍保存できてお勧めです!
皆様もぜひお試しください。


★大和農園の通信販売カタログ(無料)をご希望の方はこちら★

★大和農園オンラインショップはこちら★
posted by 大和農園 通信販売部 at 18:27| Comment(0) | オフタイム

2019年02月22日

花粉だんご


こんにちは、サキチです。

花粉症の症状が出始めてつらいですが、春の訪れを感じる今日この頃。
ふらっと屋上に行くと、ある昆虫に遭遇。

P1050796.JPG
花から花へと一生懸命飛び回るミツバチ。
春だな〜と思い、あたりを見渡しましたが、まだこの子しかいませんでした。


P1050798.JPG
色んな角度で撮影したところ、興味深いものがくっきり写りました☆
拡大してみましょう。

P10507981.jpg
これが、今回のブログタイトルの「花粉だんご」です!!!
存在は知っていたのですが、「花粉だんご」なる呼び方があったなんて…


色々と調べてみたところ、ミツバチはミツと花粉がどちらも採集できる花に訪れ、
ミツを吸っている間に自然に毛に花粉が付いて集まるのだそう。
うしろ足の「花粉かご」と呼ばれる部分に集まった花粉が「花粉だんご」となり、巣に運ばれて保存食に…!うまく出来た仕組み!

体内にはミツを溜める「蜜胃」という場所があるそう。
そこにたっぷりミツを溜めて巣に持ち帰るんですね。

はちみつは大好きですが(そういえば昨日も食べた)、
頑張ってミツを集めてくれたミツバチのことを思うともっとおいしく感じそう!?
私たちのために集めてくれているわけではありませんが…(゜∀゜)笑

春は花だけでなく、いろんな昆虫にも出会えるのでワクワクします。
あたたかくなってきたら、お庭や畑で出会う小さな生き物たちに目をやってみてください。^^




●おまけ●

先日、修学旅行ぶりに東大寺に行って、大仏様を拝んできました。
観光客はもちろん、鹿鹿鹿鹿鹿…!笑
かわいい写真がたくさん撮れたのでおすそわけ。
IMG_2212.JPG

IMG_2213.JPG

IMG_2214.JPG

IMG_2226.jpg
     
最後は…
IMG_2207.JPG
近っ!!!すごい勢いでカメラに近寄ってきた瞬間を激写。笑


奈良にお越しの際は、可愛い鹿たちにも会いに行ってあげてください♪


★大和農園の通信販売カタログ(無料)をご希望の方はこちら★


posted by 大和農園 通信販売部 at 14:00| Comment(0) | オフタイム

2019年02月06日

名古屋めし!


お久しぶりです。Nの局です。

寒い日が続きますね。
インフルエンザが猛威を奮っているようです。
皆様もお気を付けください。

そんな寒い中、珍しく重い腰を上げて先日名古屋に行ってきました。
地図ではそれほど遠くないように感じる東海地方の愛知県の名古屋、
それでも近畿地方から離れるのでかなり「旅行」している気分です。
大阪や京都に行くときはそこまで意識しない関西弁丸出しの話し方も
ちょっと封印した方がいい?と考えてしまうほど、やはり周囲の人の
話し方も違いますね。そして話し声が関西人より静かな気が…
どこから話し方が変わっていくのか…そういえば丸餅と角餅の境界線も
滋賀県とか三重県辺りらしいから名古屋は角餅かな〜、
うどん文化とそば文化の境界ってどこかな〜味噌煮込みうどんとか
有名だから(きしめんも小麦だし)名古屋はうどん文化圏なのかな〜などと
色々な食べ物に思いを馳せつつ、健康診断前なのに名古屋グルメを
目的に名古屋に来た私。

…とはいえ、あまり赤味噌に馴染みがなく(食わず嫌いですが)
馴染みがないからこそご当地に来た時ぐらい食べてもいいようなものですが
味噌カツと味噌煮込みうどんをパス!
ひつまぶしは予算的にパス!
きしめんよりはもうちょっとガッツリ食べたい…などとワガママを発動すると
「名古屋めし」知識の少ない私の選択肢に残ったものは

海老ふりゃ〜!!

…って、単に海老が好き♪なんですが。

海老フライ1.jpg
お皿からはみ出しています!

海老フライ2.jpg
カットして食べるようにハサミが付いているなんて。
長さ35cmあるのがウリの「特大海老ふりゃ〜定食」です。

海老フライ3.jpg
「海老ふりゃ〜定食」の海老フライも20cm超えのボリューム!

海老フライ4.jpg
並べてみました♪(早く食べろって!!)
大きさにも味にも大満足な「名古屋めし」でした。


ところで、名古屋の方は「フライ」のことを「ふりゃ〜」と言うのでしょうか?
東海地方出身のサキチに聞いてみることにしましょう。
「そんなこと言いませんよ!プンプン!」
とのこと。失礼しました(^^;

みなさんの地域の「ご当地めし」はどんなものがありますか?
残念ながら奈良には余り有名なものがないですね〜
大和野菜など、美味しい素材は色々あるのですが…
ちなみに大和農園で販売している大和野菜は、

ひもとうがらし.jpg
ひもとうがらし

細くてやわらかくタネも全然気にならないひもとうがらし、
私は炒めて食べるのがお気に入りです。



★大和農園の通信販売カタログ(無料)をご希望の方はこちら★

★大和農園オンラインショップはこちら★
posted by 大和農園 通信販売部 at 16:27| Comment(0) | オフタイム