2017年07月19日

私の夏野菜レシピ


こんにちは!久しぶりのまこです。
暑い日が続きますね。
あまりの暑さに、我が家ではかき氷機を購入しました!
少しは涼しくなれる気がします。

さて、夏といえば冷たい食べ物や夏ならではの野菜を使った料理を食べたくなります。

例えば、「茄子の揚げ浸し」です!
茄子を揚げて、めんつゆに生姜を加えて、揚げた茄子を投入!
とても簡単に出来て美味しいので、大好きです。

小さい頃から母がよく作ってくれる「モロヘイヤの中華スープ」も夏に何度も作ります!
沸騰したお湯に絹豆腐を入れ、
中華スープの素と醤油、塩で味付けしたら、モロヘイヤを入れます。
火が通ったら、溶き卵をまわし入れ、最後にゴマ油で風味を加えて出来上がりです。
とろとろとしたスープが美味しくて、丼ぶりいっぱい食べてしまいます(^^;
モロヘイヤは別名「王様の野菜」とも言われ、
ビタミン類やカルシウム、鉄分などの栄養がたっぷりです!
ぬめり成分のムチンは内臓機能を高める効果もあり、夏にぴったりの野菜ですね☆

夏といえば、ゴーヤーを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。
私の中でゴーヤーといえば、「ゴーヤーとツナのマヨネーズ和え」です!
これもよく母が作ってくれます。
ゴーヤーとツナの缶詰めをマヨネーズと塩コショウで和えるだけで簡単です。
ゴーヤーは生のままでもいいですし、苦味が強すぎる場合は塩ゆでしてから使います。
ゴーヤーのサラダ.jpg

最近、友人が教えてくれたおすすめの野菜が「空心菜」です!
ニンニクを油で炒めたら、空心菜の茎、葉っぱの順に炒め、
中華スープの素、塩コショウで味付けします。
簡単に美味しいおつまみが出来上がります!
しかも、空心菜には栄養がたっぷりで、
食物繊維やカルシウム、ビタミンAは、ほうれん草よりも多く含まれています。

最後にご紹介するのは「トマトジュース」です。
こちらは人によって好き嫌いがあるかもしれません。。
トマト(皮ごと)、牛乳、はちみつをミキサーにかけるだけ、これも簡単です。
写真からは伝わりにくいですが、桃色が綺麗で見た目もいいし、甘くて美味しいです。
トマト100%のジュースより、個人的にこちらのジュースが好きです。
トマトジュース.jpg

まだまだ暑い日が続きますが、
夏野菜をたくさん食べて、スタミナを付けて、暑い夏を乗り切ろうと思います!
皆様も夏バテや熱中症などに気を付けて、元気にお過ごしください!


★大和農園の通信販売カタログ(無料)をご希望の方はこちら★


posted by 大和農園 通信販売部 at 16:46| Comment(0) | ○○のおいしい食べ方

2017年06月30日

梅仕事


こんにちは!
久しぶりの Tanba です♪

暑さが本格的になってきましたね。
みなさん、早くも夏バテしていませんか?

我が家の庭ではブルーベリーのフロリダローズが初めて実をつけました。ピンク色の可愛さに収穫をためらっています・・・。
撮影日:2016/6/23
写真@IMG_3559.JPG

さて、今年はずっとやってみたかった梅仕事に挑戦しました!
一度、自分で梅酒を作ってみたいと思い続けて早何年・・・。やっと夢が叶いました。

写真AIMG_3520.JPG
熱湯消毒した4ℓの保存ビンと
◍ウメ  1s  
◍氷砂糖 1s  
◍焼酎  1升(1.8ℓ)   を準備します。

お酒はホワイトリカーで漬けるのが一般的な様ですが、我が家は焼酎にしてみました。
35度以上のお酒を使えばよいそうで、ブランデーなんかも美味しそうですね。

@まずは梅を洗って、楊枝などでヘタをとります。
傷つけない様に注意して、水けをふきとると、艶々の青梅に◎
写真BIMG_3516.JPG

A梅と氷砂糖を3分の1ずつぐらい順番に入れて・・
写真CIMG_3521.JPG

B後は焼酎を注げばセット完了!
写真DIMG_3527.JPG

C冷暗所で飲み頃までゆっくり待ちます。
飲める様になるのは3か月後からで、出来れば1年寝かした方が美味しくなるそう。
1年も待てそうにないので、3か月後の味見が楽しみです♪


今回は、一緒に梅シロップも作ってみました。
写真EIMG_3528.JPG
シロップの方はキビ糖を使って、片方(500g)は梅を冷凍し、片方は梅にいくつか穴をあけて仕込んでみました。味にも違いが出るのでしょうか?

写真FIMG_3532.JPG
こちらは2週間ぐらいで完成予定◎
梅シロップで夏バテ予防もばっちりです。

次なる夢は、自分で育てた梅の実で梅仕事がしてみたい!
まずは、梅を植えなければ!!(笑)
★大和農園オンラインショップ ウメの苗木はコチラ★

何年後に叶うかなぁ。


★大和農園の通信販売カタログ(無料)をご希望の方はこちら★


posted by 大和農園 通信販売部 at 17:53| Comment(0) | ○○のおいしい食べ方

2017年05月22日

えんどう豆消費作戦


お久しぶりのNの局です。
まだ5月だというのに暑い日が続きますね。暑くて寝不足です…
みなさまも体調には十分ご注意くださいね。

以前テレビ番組で、関西人(大阪人)は「豆ごはんが大好き!」
というネタをやっていたのですが、関西の皆様いかがでしょうか?
確かに、ホクホクとしたえんどう豆が香ばしくほんのり塩味の効いた豆ごはんは
我が家でも人気のメニューです。
ちなみに、うちの母親の作る豆ごはんは「ごはん豆か!」と、突っ込みたくなるほど
豆が大量投入されております(^^;
豆の色をきれいに仕上げるには豆を別にゆでて(その時にさやも一緒に入れる)
そのゆで汁でご飯を炊いて後から豆を入れるとよいと、また別の番組で見て
試したことがありますが、個人的には豆の色がくすんでしわしわになりますが
米と豆を最初から一緒に炊いた豆ごはんの方が好きです。

そして我が家では毎年知り合いの方に段ボールいっぱいのえんどう豆をいただきます。
どんなに大量投入しても豆ごはんで消費される量はそこまで多くありません。
せっかくいただいたおいしい豆をいかに大量消費するか…
私がそのためによく作るのがポタージュスープです。
暑い日には冷たくしてもおいしいですよ。

えんどう豆のポタージュスープ(2〜3人分)
・えんどう豆…200g
・たまねぎ…1/2個
・コンソメ…1個
・バター…10g
・牛乳…200ml

@薄切りにしたたまねぎをバターで炒めしんなりしてきたら、えんどう豆と水300mlとコンソメを加えて軟らかくなるまで煮る。
A軟らかくなったら牛乳を加えて沸騰直前に火を止める。
B粗熱が取れたらミキサーにかけて裏ごしをする。
えんどう豆スープ.jpg
食べる時にコーヒーミルクを入れてみました。


もう一つが、えんどう豆の餡。
小豆や枝豆の餡があるならばえんどう豆で餡を作ってもいいのでは?
でも、あまりみんなが作っている話を聞かないのはイマイチだからか?
…と思い、イマイチだったとしても食べきれる量で実験!
インターネットで見ていると豆の重さの30〜50%の砂糖で作っているレシピが
出てきたので、私は40%で作ってみました。
・えんどう豆…50g
・砂糖…20g
豆を軟らかく煮て水気を切って砂糖を加えてつぶしたら完成。
えんどう豆餡トースト.jpg
ちょうどトースト1枚分くらいの量が出来上がりました。

後味にやや野菜の青っぽさが残ります。そして皮の存在感が結構あります。
かなり面倒ですが皮を取り除いてつぶしたらおいしい餡になるように思います。
…皮を取るのが大変そうなので私が再度作るかは微妙です(^^;


お知らせ
大和農園オンラインショップは、商品入れ替え作業のため、
5/22 午前10時〜6/1 午前9時59分の間、閉店させていただきます。
6/1 午前10時に再オープンして「秋カタログ」の商品の受付開始の予定です。

★大和農園の通信販売カタログ(無料)をご希望の方はこちら★



posted by 大和農園 通信販売部 at 17:33| Comment(0) | ○○のおいしい食べ方