2018年11月14日

ミニリンゴ・アルプス乙女


こんにちは、ぱんだです!

朝起きるのがつらい季節がやってまいりました(-_-;)
だんだん冬の装備を増やしつつあるのですが、
会社の周りにたくさんいるスズメ達も気づけばふっくら姿に。
まんまるでとても愛らしいです(^^)

-----*お知らせ*-----
大和農園オンラインショップでの注文締切は、11/21午前10時となっております。
商品入れ替え作業のため、
11/21午前10時〜12/3午前9時59分の間は閉店させていただきます。
12/3午前10時に再オープンして「春カタログ」商品の受付開始予定です!
ご注文忘れのないようご注意ください&春シーズンの商品もお楽しみに♪
--------------------


さて、それでは本題にうつります!
秋は美味しい果物がいっぱい♪
そんな中、今回ご紹介するのはこちら。
アルプス乙女1.JPG
ミニリンゴの「アルプス乙女」という品種です。

手に乗せるとこのくらい。ちっちゃい!
アルプス乙女2.JPG
形が整っているので飾りのようでとっても可愛い!
果汁が多く、大きさの割に甘さもしっかりあって美味しいです(^^)
そのままでも食べられますが、皮が少し厚めなので
皮をむいて食べる方がおすすめです。


せっかく可愛いミニリンゴなので、
このサイズ感を生かした食べ方がしたいと思い、
まるごとリンゴのコンポートを作ってみました。

*作り方*
@皮をむいたあと、包丁と爪楊枝を使って底からタネと芯を取り除きます。

A鍋にリンゴと水と砂糖を入れて弱火で煮込みます。
 余った皮はお茶のパックに入れて一緒にお鍋へ。
アルプス乙女3.jpg

Bときどきリンゴを転がしながら煮込みます。
 煮汁にリンゴの皮の色がついたら、皮は取り除きます。

Cひたすら煮汁が少なくなるまで煮ます・・・。
アルプス乙女4.jpg

D最後にレモン汁を少し足して、粗熱をとったら完成♪


1時間足らずで、無事完成!
アルプス乙女5.jpg
まるごとなのでリンゴの食感がしっかり残って
ほどよいしゃきしゃき感と甘酸っぱさが美味しかったです!


せっかくなので、冷凍パイシートを使って
アップルパイにもしてみました。
アルプス乙女6.jpg

アルプス乙女7.jpg

1個まるごとでも食べ切れるちょうどいい大きさで大満足♪

「アルプス乙女」はスーパーマーケット等でも
売られていることがあるので、もし見つけられた際は
是非お試しください♪

苗はオンラインショップで現在取扱い中です♪
販売ページはコチラ★

在庫が残り少なくなっているのでご注文はお早めに!
もし、間に合わなかったお客様は
2019春シーズンでも取り扱いますのでご安心を。
オンラインショップからのご注文は12/3午前10時からお受け致します(^^)

★大和農園の通信販売カタログ(無料)をご希望の方はこちら★

★大和農園オンラインショップはこちら★

posted by 大和農園 通信販売部 at 18:38| Comment(0) | ○○のおいしい食べ方

2018年10月29日

発見!マコモダケ!


こんにちは、マスオです。
朝晩が冷え込む日も多くなってきましたね。
ヒー○テックから始まり、コート、手袋……と、少しずつ防寒具を解禁しています(笑)

突然ですが、このお野菜をご存知でしょうか??
201810291.JPG
マコモダケ(真菰筍)です。
イネ科の植物(トウモロコシの仲間!)で、太った茎の部分を食べます。
タケノコのような、はたまたアスパラのような味わいだとか…?!

一度食べてみたいと思っていたのですが、なかなか流通しておらず。
この間スーパーで偶然発見したので、これは食べなければ!と即購入しました(*^_^*)

売り場のお姉さん曰く、新鮮だから生でも食べられますよ!とのこと。
他にも、煮物や炒め物にどうぞ♪と紹介されていました。

私は生野菜が大好きなので、とりあえず生でかじってみることに。
一番外側の緑色の部分は硬かったので削ぎ落とし、白い部分を食べてみます。
ポリポリとした食感で、クセもなく食べやすい!
確かにタケノコを連想するような風味で、サッパリしているな〜と思いました。


美味しかったので、全てそのまま食べても良かったのですが(笑)、
今回は売り場でオススメされた「きんぴら」にしてみました。

<マコモダケのきんぴら>
・マコモダケ…1本
・ニンジン…1/3本
・ごま油…適量
・酒…大さじ1
・白ごま…適量
・砂糖、みりん、しょうゆ…それぞれ大さじ1

@マコモダケとニンジンを、大きさを揃えて細長く切る。
マコモダケはアク抜きせずにそのまま使いました。
201810292.JPG

Aフライパンにごま油をひき、ニンジンを炒める。
油が回って火が通ってきたら、マコモダケを加えてさらに炒める。
201810293.JPG

Bしんなりしてきたら酒を回し入れ、馴染ませる。
砂糖、みりん、しょうゆも加えて煮詰める。味が足りなければ調整する。
201810294.JPG


器に盛り、白ごまを振って完成です♪
201810295.JPG
マコモダケは火の通り具合で色々な食感が楽しめました。
シャキシャキが好きな方は、炒める時間を短めにすると良さそうです!

旬が9月下旬〜10月中旬と、市場に出回る時期が限られているので
皆様も見かけた際には是非チャレンジしてみてください♪


食べ物の記事が連続してしまいましたが、
「食欲の秋」ということでお許しを…(笑)

美味しいものをたくさん食べて、寒い冬に備えましょう!(*^^)v
マスオでした。


★大和農園の通信販売カタログ(無料)をご希望の方はこちら★

★大和農園オンラインショップはこちら★

posted by 大和農園 通信販売部 at 17:01| Comment(0) | ○○のおいしい食べ方

2018年10月27日

簡単・美味しいのはどれ?焼き芋作り


こんにちは!三田です。

今回は言わずと知れた秋の味覚・サツマイモの話題です。
春に植えたものをもう収穫したよ〜という方も多いのでは?

最近はしっとり系のサツマイモが人気で、
行列ができる焼き芋専門店もあるとテレビで紹介されていました。
お店に行くのもいいけど、自分で手軽に甘くてホクホクした焼き芋を作って食べたい!
でも、うちには本格的な窯やオーブン、蒸し器はない…
というわけで、今までの経験+インターネットのレシピサイトをあれこれ見比べて、簡単な3つの方法を試して比較してみました!


用意したのは鳴門金時(写真左)と安納芋(右)の2種類。
あまり大きいと時間がかかりそうなので、
1個あたり200gくらいまでの小さめのものを探してきました。
さつまいも1.jpg
加熱は@電子レンジ、A魚焼きグリル、B炊飯器 でそれぞれやってみます!
ご存じの方も多いと思いますが、デンプンが分解される酵素が活発になる65〜75度で甘みが増してイモがおいしくなるので、弱い火力でじっくり加熱するのがポイントです。果たしてどれがうまくいくのでしょうか。


〜@電子レンジ編〜
芋を洗い、濡れたままキッチンペーパーでくるみ、ペーパーの乾いたところを濡らしてからさらにラップで包みます。
さつまいも2.jpg
これを電子レンジに入れ、300Wで15分加熱!
短かったかな?と思いながら竹串をさしてみるとすっと入りました。
おお!短時間でやわらかくなるものなのね!
レンジ加熱後.jpg
半分に割ってみました。一見おいしそうに見えるのですが、食べてみると粉っぽさを感じるもそっとした仕上がり。ひと口大に割ろうとしてもぼろっとくずれてしまいます。
甘みについてはよく言えばあっさり、悪く言えば物足りない。
品種の違いを言えば、安納のほうがややきめ細かいな〜と思うくらいでした。


〜A魚焼きグリル編〜
芋を洗い、濡れたままキッチンペーパーでくるむのは先ほどと同じ。さらにアルミホイルで包みます。
さつまいも3.jpg
いちばん弱火に設定してガスを点火!30分後に柔らかさをチェックしたところ、安納がやや固く感じたのでそちらだけ追加で5分焼きました。

魚焼きグリル加熱後.jpg
ペーパーと皮にうっすら焦げ目がついて、香ばしいにおいがします!
魚焼きグリル加熱後2.jpg
いやー、こういうのが食べたかった!とうれしくなってパクパク食べてしまいました。
鳴門金時はほどよいホクホク感と粘り気、安納はしっとりクリーミーな感じでそれぞれの品種の良さが出ています!のどにつまる感じはなく、甘みもしっかり感じられました。
※今回は両面焼きグリルを使いました。片面焼きのタイプを使うならもう少し時間がかかると思います。


〜B炊飯器編〜
調べた中では最も手っ取り早い方法です。
以前ジャガイモを試した時にうまくいったので、期待大でやってみました。

洗ったイモを我が家の小さな3合炊きの炊飯器にそのまま入れて水を200ml注ぎ(イモが半分浸かるくらい)、お米と違って浸水時間がいらないので、早炊きモードでスイッチオン。
さつまいも4.jpg
約40分後、炊きあがりの音が鳴ったところで火の通りをチェック。
うーん、どっちも竹串はちゃんと刺さるけど、安納のほうが何となく固いような…
でもあともう一回炊いて煮崩れしたり焦げたりするのも怖い…
悩んだ末に、保温にして30分くらい放置、その後余熱で30分くらい経ったものを取り出しました。

炊飯器加熱後.jpg
見た目は3パターンの中で一番火が通っている感じがあります!
がしかし、どちらもちゃんとやわらかいのに何だか生っぽい味がしました。
鳴門金時はそれなりにホクホク感があったものの、安納の方は圧倒的に水っぽかったです。水の量が多すぎたのかもしれません…改善の余地がありそうです。
両方とも、皮のところの食感がシャリシャリするのも気になりました…


さて、今回比べてみて実感したのは、
・じっくり火で焼く(か蒸し器でふかす)のが間違いなく美味しい!
・電子レンジや炊飯器は機種や出力によって結果がまちまち!何度か試して好みの仕上がりを模索すべし!
といったところです。
手軽な電子レンジや炊飯器での調理をもう少し追究してみたいのですが、ひとまず今回出来上がった芋たちを食べてからにします!笑


以上、三田でした。
大和農園・通信販売部でのサツマイモ苗の注文受付は、新カタログが出る12月以降となります。お楽しみに&ご注文はお早めに♪



★大和農園の通信販売カタログ(無料)をご希望の方はこちら★

★大和農園オンラインショップはこちら★

posted by 大和農園 通信販売部 at 13:49| Comment(0) | ○○のおいしい食べ方