2017年10月13日

ミニキャベツ栽培に挑戦!



こんにちは、ぱんだです(^^)

10月ももう半ばですね。
ここ最近は日によって寒暖差が激しく、
朝からどんな服を着るべきかいつも迷ってしまいます。

今回はずいぶんと日が空いてしまいましたが、
春にキャベツの栽培にも挑戦していたので
そちらの栽培奮闘記を報告させていただきます!


育てた品種はこちら!
ミニ品種の『おてがるキャベツ』です♪
絵袋.jpg


定植後40〜45日で収穫が出来る超極早生品種です!
手のひらサイズのキャベツなので、
冷蔵庫で場所をとらず、使い切れるのが魅力的♪


種まきは 2017年4月24日にポットに行いました。
発芽適温は15〜30℃なので、屋内の窓際に置いて
乾いた新聞紙を上にかぶせていました。

発芽後、少し経った状態がこちら
撮影日:2017/5/15
発芽1(5.15).jpg


この頃から適宜外に苗を出して、外の気候に慣らしてあげるようにしました。
今まで屋内にいたのに、いきなり直射日光に長時間当てると
苗が弱ってしまう可能性もあるので最初は半日陰からにします。


さらに約10日後がこちら
撮影日:2017/5/26
発芽2(5.26).jpg

葉が大きくなり、色も濃くなってきました(^^)
ところどころ虫に食われていますが、犯人は見つけられず…
夜に現れているのでしょうか?
残念ながら何に食べられたのか最後まで謎のままでした。


畑への定植は5月29日に行いました。
元肥として化成肥料を施して、マルチを敷いた畝に
株間30p(ミニ品種なので通常よりやや狭め)で
千鳥植えをしました。
定植後約1週間後がこちら。
撮影日:2017/6/5
定植.jpg

まだ苗が細くグラグラしていて頼りない感じですが
定植後も葉がしっかりしているので、
根付き始めていると思っていいでしょう!
とりあえず一安心(^^)
この苗がどうやってキャベツの姿になっていくのか楽しみです♪

今回はキャベツの種まきから定植までのご紹介でした!
今後、この小さな苗がどんな成長をしていくのか
次回以降またご報告させていただきます♪



★大和農園の通信販売カタログ(無料)をご希望の方はこちら★

★大和農園オンラインショップはこちら★

〈栽培メモ〉
土作り:1uあたり完熟牛糞堆肥 2kg、化成肥料8−8−8 150g、苦土石灰 100g
定植日:2017/5/29 株間30cmになるように定植(ポット播種 2017/4/24)
気候:奈良県天理市の気候に準ずる
posted by 大和農園 通信販売部 at 17:23| Comment(0) | 栽培奮闘記

2017年09月15日

ミニかぼちゃ栽培に挑戦C



こんにちは、ぱんだです(^^)
9月ももう半ば。
朝晩が涼しくなり、過ごしやすくなりました♪
そのせいか最近食欲が止まらなくて困っています…(笑)
季節の変わり目なので体調管理にも気を付けましょう!


今回はミニカボチャ・パルムグリーンの栽培奮闘記最終回です!
前回、モザイク病とうどんこ病に襲われたかぼちゃはどうなったのでしょうか…。
過去の記事はこちらをご覧ください♪
・ミニかぼちゃ栽培に挑戦@
・ミニかぼちゃ栽培に挑戦A
・ミニかぼちゃ栽培に挑戦B


前回のうどんこ病が株全体に発生してから10日後…。

撮影日:2017/7/7
○7.7ぼろぼろ株.JPG
葉っぱがほとんど枯れて、無残な姿に(;_;)
あまりにも弱々しすぎて、支柱は外しました。
ただ、株元で小さなかぼちゃが1つだけ成っているのを発見。
上の写真から約2週間後に収穫をしてみました。

撮影日:2017/7/20
ちっちゃくて可愛い!
○8.1.JPG

重さは通常のパルムグリーンの1/3くらいでした。
○8.28.JPG


お盆のお供え用にお仏壇の前に飾った後(ちょうどいいサイズでした笑)、
食べてみることにしました。
中はこんな感じです!
DSC_0648.JPG

色もきれいで思ったよりしっかりしていてびっくり!
このままラップをしてレンジで1分半〜2分くらいチン♪

食べてみると、予想以上にめっちゃ美味しかったです(笑)
正直、小さかったので全く期待していなかったのですが、
何もつけなくても栗のような甘味が強くて
皮も雑味が無くなめらかで、
一個をぺろっと食べてしまいました(笑)
最後まであきらめずに収穫してよかったです(^^)

今回は満足な大きさまで育てきることが出来ず
病害虫の管理のむずかしさを痛感させられることになりましたが、
収穫までなんとかこぎつけ、
しかも美味しく食べることができたのでほっとしました〜


もっと上手に育てられたらもっと美味しいのか、すごく気になるので
また機会があればもう一度試してみたいです!



★大和農園の通信販売カタログ(無料)をご希望の方はこちら★

★大和農園オンラインショップはこちら★

〈栽培メモ〉
土作り:1uあたり完熟牛糞堆肥 2kg、化成肥料8−8−8 70g、苦土石灰 150g
定植日:2017/5/8 株間30cmになるように定植(ポット播種 2017/4/17)
気候:奈良県天理市の気候に準ずる





posted by 大和農園 通信販売部 at 17:50| Comment(0) | 栽培奮闘記

2017年09月13日

変わった色のヒマワリ♪


こんにちは、マスオです。
朝晩はもうクーラーも必要なく、過ごしやすい気候になってきました。
最近は窓を開けたまま寝ているのですが、秋の虫たちの声が綺麗で癒されます(*^_^*)

ちょっと季節外れになってしまいましたが、今回はヒマワリのご紹介です。
完全に個人の好みなのですが、ヒマワリが大好きなので今年も植えてみました♪
去年は「ビンセントタンジェリン」という、ヒマワリらしいヒマワリ(?)を播きましたが、今年は少し変わった色の物を……ということで、「ルビーイクリップス」に挑戦です。
中心が赤紫色になる、面白い品種です!

タネ播きは4月20日に行いました。
撮影日:2017/4/27
1709131.JPG
一週間ぐらいで発芽しました。
子葉の形は普通にヒマワリなのですが、茎が赤い!
1709132.JPG
ちなみに、窓際に置いていたら日当たりの関係で全部そっぽを向いてしまいました。笑
均等に日が当たるように、適度に角度を変えながら育苗します。
日当たりが偏らない場所であれば、この作業は必要ありません(^_^;)

撮影日:2017/5/23
1709133.JPG
大きくなってきたので植えつけました。
植えつけをサボっていたので、ポットの中で窮屈そうでした……ごめんね……。
夏に向かってグングン成長します!

そして!
撮影日:2017/6/27
1709134.JPG
咲きましたー!!成長過程を撮り忘れていますが、タネ播きから約2ヶ月で開花しました。
このお色み、いかがでしょうか??
レモンイエローに、中心に向かって赤みが差しています。
1709135.JPG 1709136.JPG   
赤色の入り方も、面積の広いもの/狭いものがあったり、
茶色がかったアンティークな色味から濃い赤色があったりと、色幅があり様々な表情を見せてくれます。
ちょっと変わった感じでオシャレ……(^^♪

一番花の蕾が付いた時は草丈が1mくらいで、あれ?もう咲くの?と思っていたのですが、
咲いてからもどんどん伸びて1.5mくらいの立派な株になりました。
嬉しいことに、脇芽も次から次へと伸びます。
小さいお花は花瓶に挿しても可愛らしいですね(^^)/
1709137.jpg
無花粉種なので、切花にしても気にならないところがGOODです!
思った以上に花もちも良く、飾っておいたら好評でした。

紹介するタイミングがなく夏を過ぎてしまいましたが、いかがでしたでしょうか?
毎年播くのが少し早く、弊社の屋上では真夏を待たずに咲いているヒマワリたちでした…笑

さてさて、9月に入ってタネ播きも捗る気温になってきました。
今年の秋は何を作ってみようかな?計画だけは膨らみます。。。
マスオでした。


★大和農園の通信販売カタログ(無料)をご希望の方はこちら★

★大和農園オンラインショップはこちら★



posted by 大和農園 通信販売部 at 14:54| Comment(0) | 栽培奮闘記