2019年12月27日

冬の園芸好きあるあるといえば…?


こんにちは、三田です。
2019年最後のブログ更新となります。


まず、直前ではありますが、大和農園の年末年始の休業のご案内です。
******************************************************************
誠に勝手ながら、弊社は下記の年末年始期間は休業させていただきます。
・12/28(土)〜1/5(日)
 休業期間中にご注文いただいた商品につきましては、年明け1/7(火)以降の発送となります。
お問い合わせの対応につきましては、1/6(月)より再開いたします。
お客様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご了承いただきますようお願い致します。
*******************************************************************



毎年のことながら特に予定をいれておらず、なにをして過ごそうか考えています。
家の片付けや掃除、普段はしないような凝った料理に挑戦…などいろいろ想像するものの、結局大半はのんびり(だらだら?)テレビを見たり本を読んだりするんだろうな…。


本といえば書店に行ってぶらつくのが好きで、気になったタイトルはつい買ってしまいます。
読んだものをスマホのアプリに記録することにしていまして、2019年を振り返ってみると今年読んだのは45冊くらいでした。
割合は小説1:実用書&エッセイ1:マンガ2くらいでしょうか。来年はもう少しペースを上げたいところです。


最近は、チェコの文学者カレル・チャペックのエッセイ『園芸家12カ月 改版』(小松太郎訳の中公文庫、2015年発行バージョン)を読んでいるところなのでご紹介してみます。

園芸関係のエッセイなんてこれまでちゃんと読んだことがなかったので気になって手に取ってみたら、ユーモアあふれる文で12か月それぞれの自分も含めての園芸家たちの姿が描かれていてなかなか面白いです。(本人の兄が担当したという挿絵も味があります!)

原書の発行は1929年でもう約90年前の作品なので時代背景や国の文化の違いこそありますが、園芸好きの根本はこの時代からあんまり変わってないな…と思うほど「あるある」が詰めこまれています。
大変だしやることが多くて忙しいけど、楽しい・面白い。やめられない…
たくさんの人の心をつかむ魅力が園芸にはあるのだと改めて感じました。

12月の章では、大量の園芸カタログを読み込んであれもこれもほしくなってやむなく厳選するけれどそれでもまだ多い…というくだりがあり、園芸通販の仕事をしている身としてはニヤリとしてしまいました。

気になる方はよかったら読んでみて下さいね!


それでは今回はこのあたりで。
寒さ厳しき折ですが、皆様体に気を付けてお過ごしください。
よいお年を!




★大和農園の通信販売カタログ(無料)をご希望の方はこちら★

★大和農園オンラインショップはこちら★
posted by 大和農園 通信販売部 at 15:18| Comment(0) | オフタイム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。