2019年03月20日

レンジで簡単♪桜餅


こんにちは。
まこです。
暖かくなったと思いきや、また寒くなったり、体調を崩しやすい季節ですね。皆様お元気にお過ごしでしょうか。

先日、娘の保育園の花壇で、今年初めてアゲハチョウを見つけ、季節の移り変わりを感じました!
アゲハチョウ.jpg
普段見かけるよりサイズが小さいような…と思い調べてみると、アゲハチョウには春型と夏型があり、幼虫の時に食べる餌の量でサイズが異なるようです。今の時期のアゲハチョウは春型で、蛹の状態で冬を越しますが、冬場は餌(若い葉や新芽)の量が少ないためにサイズが小さくなるようです。

さて、本題です。
もうすぐ桜の開花時期ということで、春を感じる和菓子「桜餅」を初めて手作りしてみました!食紅で着色して蒸し器で蒸して、、、と手間がかかるイメージでしたが、購入した道明寺粉に「電子レンジを使う場合は…」と説明書きがあり、電子レンジを使って作ってみました。
まずは道明寺粉に砂糖と水を加えて10分放置します。もともと桃色に着色された道明寺粉だったため、着色の手間が省けました。ラップをして電子レンジ600ワットで4分加熱。ラップをしたまま、さらに10分蒸します。(その間に、桜の葉の塩漬けは水に浸けて塩抜きし、ペーパータオルで水分を取っておきます。)
桜餅1.jpg

綺麗な桃色のやわらかいお餅が出来ました☆つぶつぶが良い感じで残っています!
あんこを中に入れて、1個ずつ丸め、桜の葉で包めば、簡単に完成しました!

桜餅2.jpg
(市販のあんこを使ったこと、道明寺粉がすでに着色済みだったこともあり、思った以上に簡単でした…笑)

そして、もう一つ。
皆様、「ねったぼ」という言葉を聞いたことはございますか?鹿児島の郷土料理で、お餅とサツマイモを合わせたおやつです。本来は、お餅とサツマイモを蒸して練り合わせるのですが、今回はお手軽に鍋一つで出来るレシピを見つけたので試してみました!インターネットでいろいろなレシピを見ましたが、今回はサツマイモ300g、お餅100gの割合で作ってみました。
まず、2〜3cm大に切ったサツマイモを軟らかくなるまで茹でます。そこに1〜2cm大に切ったお餅を入れて、お餅が柔らかくなるまでさらに茹でます。
ねったぼ1.jpg
お湯を捨ててマッシャーで滑らかになるまでつぶせば出来上がりです。

ねったぼ2.jpg
お好みで砂糖を加えたり、きな粉をまぶしたりして食べます。

小さい頃から祖母や母がよく作ってくれた懐かしい味です。食べきれなかった分はラップに小分けにして冷凍保存できてお勧めです!
皆様もぜひお試しください。


★大和農園の通信販売カタログ(無料)をご希望の方はこちら★

★大和農園オンラインショップはこちら★
posted by 大和農園 通信販売部 at 18:27| Comment(0) | オフタイム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。