2018年10月29日

発見!マコモダケ!


こんにちは、マスオです。
朝晩が冷え込む日も多くなってきましたね。
ヒー○テックから始まり、コート、手袋……と、少しずつ防寒具を解禁しています(笑)

突然ですが、このお野菜をご存知でしょうか??
201810291.JPG
マコモダケ(真菰筍)です。
イネ科の植物(トウモロコシの仲間!)で、太った茎の部分を食べます。
タケノコのような、はたまたアスパラのような味わいだとか…?!

一度食べてみたいと思っていたのですが、なかなか流通しておらず。
この間スーパーで偶然発見したので、これは食べなければ!と即購入しました(*^_^*)

売り場のお姉さん曰く、新鮮だから生でも食べられますよ!とのこと。
他にも、煮物や炒め物にどうぞ♪と紹介されていました。

私は生野菜が大好きなので、とりあえず生でかじってみることに。
一番外側の緑色の部分は硬かったので削ぎ落とし、白い部分を食べてみます。
ポリポリとした食感で、クセもなく食べやすい!
確かにタケノコを連想するような風味で、サッパリしているな〜と思いました。


美味しかったので、全てそのまま食べても良かったのですが(笑)、
今回は売り場でオススメされた「きんぴら」にしてみました。

<マコモダケのきんぴら>
・マコモダケ…1本
・ニンジン…1/3本
・ごま油…適量
・酒…大さじ1
・白ごま…適量
・砂糖、みりん、しょうゆ…それぞれ大さじ1

@マコモダケとニンジンを、大きさを揃えて細長く切る。
マコモダケはアク抜きせずにそのまま使いました。
201810292.JPG

Aフライパンにごま油をひき、ニンジンを炒める。
油が回って火が通ってきたら、マコモダケを加えてさらに炒める。
201810293.JPG

Bしんなりしてきたら酒を回し入れ、馴染ませる。
砂糖、みりん、しょうゆも加えて煮詰める。味が足りなければ調整する。
201810294.JPG


器に盛り、白ごまを振って完成です♪
201810295.JPG
マコモダケは火の通り具合で色々な食感が楽しめました。
シャキシャキが好きな方は、炒める時間を短めにすると良さそうです!

旬が9月下旬〜10月中旬と、市場に出回る時期が限られているので
皆様も見かけた際には是非チャレンジしてみてください♪


食べ物の記事が連続してしまいましたが、
「食欲の秋」ということでお許しを…(笑)

美味しいものをたくさん食べて、寒い冬に備えましょう!(*^^)v
マスオでした。


★大和農園の通信販売カタログ(無料)をご希望の方はこちら★

★大和農園オンラインショップはこちら★

posted by 大和農園 通信販売部 at 17:01| Comment(0) | ○○のおいしい食べ方
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。