2018年10月15日

私の好きな配色


こんにちは、サキチです。
突然ですが、皆様この雑草はご存知ですか?
P1050621.jpg

道端でもよく見かけますよね?
6〜10月頃に咲く“イヌタデ”という雑草です。
“ヤナギタデ”という、葉っぱが柳の葉のようなタデがあり、
葉に辛みがあって、お刺身のつま(・・)にも利用されているのですが、
イヌタデは辛みがなく役に立たないことからそう呼ばれるそうです。
また、ピンクの花や実を赤飯に見立てて“アカマンマ”と呼ばれることも。
おもしろいですね。
写真のように、屋上で青花フジバカマの傍に咲いているのですが、
「ピンク×青み紫」は私の好きな配色の一つなので、とてもお気に入りのカット!


P1050625.jpg
オミナエシも一緒にパシャリ☆
素朴な感じが可愛らしく、屋上の花との共演にいつも癒されています♪



イヌタデや青花フジバカマに続く私の好みで(笑)、
今回はピンク・紫のお花たちを紹介したいと思います。


P1050643.jpg
秋明菊・ダイアナ
京都の貴船地方に多いことから、“貴船菊”としても知られる有名花。
丸い花弁が可愛いですよね。
毎年9月頃、秋明菊が咲き出すと、秋が来たなぁと思います。

販売ページはコチラ★





P1050639.jpg
ベロニカ
夏から長〜く咲いて楽しませてくれています。
清涼感があり夏の切花におすすめなのですが、
ひんやりした秋の空気にも似合い、思わず眺めてしまいます。
最後まで美しく花を咲かせてね!


P1050637.jpg

P1050638.jpg
 
フジバカマ
ブログでは、夏から咲く青花や白花の西洋フジバカマを紹介することが多いですが、
フジバカマと言えばこれを想像する方が多いのではないでしょうか?
秋明菊同様、毎年秋の訪れを知らせてくれます。



P1050624.jpg
以前ブログでも紹介した、アマリリス・ベラドンナ…ですが、
こんな丈で花が咲いている!?
ちなみに、後ろに見えている茎が以前ブログで紹介した花の茎です。
低温不足やウイルス病により、こうして花茎が上がらずに咲いてしまうことが。
ウイルス病だと葉や茎、花の形状に異変が見られるようですが、その様子はなく…
今年は9月や10月にも気温が高い日があったので、その影響でしょうか。
丈は低くとも立派に花を咲かせているので、頑張れ〜と思いながら見守っています。




おまけ

P1050612.jpg
小菊・ももかとアマガエルくん♡

なんて可愛いんだ…!!!
見つけてから、何度シャッターを切ったことでしょう。
角度を変えてみたり、アマガエルくんが率先して(?)面白い格好をしてくれたりで
いろんな写真が撮れました\(^o^)/

P1050614.jpg

P1050618.jpg

販売ページはコチラ★



 

花も生き物たちもいつも癒しをありがとう*


★大和農園の通信販売カタログ(無料)をご希望の方はこちら★

posted by 大和農園 通信販売部 at 18:09| Comment(0) | 見頃の花
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。