2018年08月03日

鉢で育てるブルーベリー!


こんにちは、ぱんだです!

今年はセミの声があまりしないなと思っていたのですが、
最近になって元気に鳴き始め、いよいよ夏本番だと感じる日々です。

夏なので、海に行きたい!川に行きたい!バーベキューしたい!と思うのですが
あいにく風邪をひいてしまい、週末はおとなしく過ごすことになりそうです…
天気は良さそうなのになんてこった(涙)

皆様も夏バテや風邪にくれぐれも気をつけて
夏を楽しんで下さいね!


さて、現在我が家でブルーベリーを鉢で育てているのですが、
今年の様子を少しだけご報告させていただきます!

先に申し上げますが、残念ながら収穫はできませんでした!!!(涙)
その理由も含めて、ブルーベリーってこんな風に成るんだ〜とか
こんなことが起こるんだ〜とか思っていただけたらと思います(笑)


植えつけは昨年の12月初め頃。
3年生の苗を植えつけました。

ブルーベリーは酸性土壌を好むので、
赤玉中粒とピートモスを6:4くらいで混ぜて使いました。

品種はラビットアイ系の「ウッダード」と「ティフブルー」です。
ラビットアイ系は受粉樹として同じ系統の異なる品種が必要なので、
2本を近くに置いて育てています。
5月の株の様子がこんな感じです。

撮影日:2018/5/15
1.jpg
ほとんど株の大きさは変わらなかったので写真はウッダードのみです。
樹高は1mくらいでもともと3年生苗だったので結構しっかりした印象!

ブルーベリーは鉢植えにおすすめされる果樹のひとつですが、
たしかに枝もあまり暴れず、コンパクトに育てられるというのを実感しました。

少し早い気がしましたが、ちらほらと実が付き始めていました。
こっちがティフブルーで
撮影日:2018/5/18
2.jpg

こっちがウッダード。
撮影日:2018/5/18
3.jpg
見た目はほとんど同じですね(笑)

ティフブルーの実の写真を見ると分かりやすいのですが、
ブルーベリーのおしりのギザギザした部分は
花の「がく」が残ったものです。

ちなみにお花はこちら♪
撮影日:2018/4/16
4.jpg

ふっくらしたベル状の形がなんともかわいい!
こんな形で下向きに咲くのにどうやって受粉しているのだろうと
個人的にずっと不思議に思っていたのですが、
よくよく見るとめしべだけ長くなっていて、わずかに花の外に出ていることを発見!

めしべが細すぎて写真だと上手く撮れなかったのですが、
意外とシンプルな作りであることが分かり、疑問が解消されました(笑)
ちなみに「がく」は花の付け根にある青紫色のギザギザした部分です。


このあと、順調に色づき始めていたのですが、
そろそろ収穫できるかな?と思っていたところ、
朝見ると実がなくなっていました(笑)

下には未熟な実がいくつか落ちているのみ…。
それ以外には異常はなし。

おそらく鳥に食べられた可能性が高いのではないかと予想。
赤い実以外も狙われるんですね(--;)


今年は栽培を始めて1年目ということもあり、
実の数がそもそも少なかったので、
鳥に先を越され、食べることは出来ませんでした…。

ブルーベリーではあまり鳥の被害は聞かない気がするのですが、
うちの近所の鳥たちはグルメなのか…?
悔しい気持ちはありますが、何も対策してなかったこちらにも非があるので
次は防鳥対策をして、来年こそ自家製の生ブルーベリーを入れたヨーグルトを
食べてやると心に誓ったのでした(笑)

来年は食味のレポートもできるよう
今年の暑い夏を乗り切って栽培を頑張っていきたいと思います!

★大和農園の通信販売カタログ(無料)をご希望の方はこちら★

★大和農園オンラインショップはこちら★
posted by 大和農園 通信販売部 at 17:57| Comment(0) | 栽培奮闘記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。