2018年07月25日

桃争奪戦!


お久しぶりです。Nの局です。

暑い日が続いていますね。
天気予報でも毎日同じ注意喚起がされていますが
本当に熱中症にはご注意くださいね。

暑い中でも植物は頑張っています。
両親が週末菜園に通っている畑では
サンダーソニア.jpg
春に植えたサンダーソニアの球根がかわいい花を咲かせました。

クリ.jpg
秋の収穫が楽しみな栗にはきれいな緑色のイガがたくさん。
トライアンファーター.jpg
地植えしたユリ・トライアンファーターはたくさんの花で豪華な姿に。
今年も販売中の人気品種です。
→ユリ・トライアンファーターのご購入はコチラから★


閑話休題…

みなさんは果物は何が一番好きですか?
私は桃!!
バナナやみかんでさえ皮をむくのが面倒だと思うことがある私が
桃の季節には手をベタベタにしながら嬉々として皮をむいてはかぶりついております。

そんな桃大好き人間にとって羨ましいのがお隣の和歌山県です。
梅やみかんなどの産地で有名ですが、桃も都道府県別生産高4位を誇る
フルーツ大国です!
桃の旬の時期には家庭用のお得な桃が格安で販売されているというのを
ネットで見て、ずっと行きたいと思っていた和歌山県の紀の川市。
6月下旬に行って美味しい桃をすんなりゲットしていた私は
7月中旬にもまた紀の川市へと出かけました。

が…舐めていました。人々の桃熱を。
平日に行ったにもかかわらず9時半頃に産直品を販売するお店に着いた時には
すでに店舗前の駐車場は満車で、ちょっと離れた場所の
駐車場に行く羽目になりました。
すでに店内には桃が10個前後入った箱をショッピングカートに
何箱も積み上げてレジに並んでいるお客さんがいっぱい。
広い桃売り場には2個入りパックの桃などが少し残っている程度で
箱入りの桃は一切ありません。
それでも売り場の一角に人だかりが出来ていたので
近づいてみると皆さん桃の入荷待ちをしていました。
売り場の箱売りの桃がなくなっても、ドンドン(というほどの
頻度ではありませんでしたが)農家の方が軽トラで桃を持ち込んで来るのです。
そして、桃が到着した瞬間、
テレビで見たことのある、激安スーパーの特売タイムセールに
殺到する人々の争奪戦と同様のことが目の前で繰り広げられ…
田舎者の私はその勢いに押され争奪戦への参戦は同行者にお任せ。
ようやく1箱ゲットできました。
入荷してくる間隔が長いので待ちきれず、他の直売所にも何か所か行きましたが
贈答用の高級桃はあっても家庭用の桃は売り切れ。
ランチ後に最初のお店に行ってまた同行者に争奪戦に参戦してもらい
追加で2箱ゲットして奈良へと帰ってきたのでした。
お徳用桃.jpg
直売所では番号札をもらって並ぶも直前で完売。ショック!

桃.jpg
少々形がいびつだったり表面に傷があったりするけど問題なし!

苦労してゲットした桃の味は格別!
懲りずに来年も(いや、品種違いでまだ販売している来月も?)
買いに行きたいと思っている私ですが…
そうだ!桃の木を植えればいいじゃないか!
理想としては長期間楽しめるように早生・中生・晩生の品種を
植えたいところですが、庭のサイズと相談したらコンパクトなボンファイヤーかな。
かなり真剣に検討している今日この頃です。
→モモ・ボンファイヤーのご購入はコチラから★




★大和農園の通信販売カタログ(無料)をご希望の方はこちら★

★大和農園オンラインショップはこちら★

posted by 大和農園 通信販売部 at 14:44| Comment(0) | オフタイム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。