2018年07月10日

災害に対する対策と備え


こんにちは!MASAです。

2018年も半分が過ぎました。今年の上半期を総括すると、例年以上に大きな自然災害が多く発生していると感じます。

冬の豪雪被害から始まり、4月の鳥取や6月の大阪等各地で発生している大地震、草津白根山をはじめとする火山噴火、滋賀県の竜巻被害、そして今回の豪雨災害。今回の豪雨災害は被害の範囲が非常に広く、死者安否不明者が200名近くに上っている大災害になっています。

今回の災害により亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。


私が住んでいる奈良県は比較的災害が少ない地域ではあるのですが、今年は大阪地震の本震、余震を肌で感じ、今回の豪雨災害では夜中中ずっと避難勧告、避難指示や土砂災害警戒情報、河川氾濫水位に達する等のアラームで寝かせてもらえず、自然災害の恐ろしさを体感するとともに、発生した時に何もできない自分がいました。

そこで今回は植物からは大きくそれてしまいますが、タイトルの通り自然災害が起こった場合にどのような行動をとり、どのようなものを日頃から準備しておくべきなのか私自身の再認識も兼ねてまとめたいと思います。今回は画像等がなく文字ばかりとなりますが、あしからずご了承くださいm(__)m

各災害が起こった際、どのような行動をとればよいのか。調べてみたところ、首相官邸の公式HPで、その詳細が明記されていました。

首相官邸「防災の手引き〜いろんな災害を知って備えよう〜」
https://www.kantei.go.jp/jp/headline/bousai/index.html

恥ずかしながら私は今回調べて初めてこのようなものがあると知りました。各項目ごとに分かりやすく詳細に書かれているので、各対策を今回の災害を機に検討してみるのも良いと思います。

このほかにも、東京消防庁の公式HPでも、「地震に対する10の備え」と題して、備えるべき項目が詳細に取り上げられていました。

東京消防庁「地震に対する10の備え」http://www.tfd.metro.tokyo.jp/lfe/bou_topic/jisin/sonae10.htm

上記のような公式で出されている情報を元に、各災害への対策、備えを行うと良いと思います。

ここでひとつ注意すべきことはSNS。近年TwitterやFacebookといったSNSが主流となり、リアルタイムの情報が入手できるため利用されている方も多いかと思います。しかしその反面、災害が起こると必ず心無い投稿者によるデマ情報の拡散が問題となっています。実際に災害にあった際はいち早く情報を仕入れるためにSNSを利用する方も多いかと思いますが、あくまで個人が自由に発信できてしまう場ですので、情報の信ぴょう性は冷静に個人で判断する必要があると思います。

2018年も今月で後半に入りました。これ以上大きな災害が起きないことを願いつつ、将来起こるとされている大災害に備えて、今回改めて調べ直す良い機会となりました。今回ご無事だった皆様も、他人事と思わず、今一度災害について向き合ってみる機会を作ってみるのも良いかもしれません。

以上、MASAでした。    

★大和農園の通信販売カタログ(無料)をご希望の方はこちら★
posted by 大和農園 通信販売部 at 17:30| Comment(0) | オフタイム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。