2018年04月10日

春を満喫♪


こんにちは。MASAです(^^)/

4月に入り、待ちに待った春ですね!・・・というかむしろ暑い(-_-;)
奈良では日中の気温が25℃前後になる日が続き、桜が一斉に咲いたかと思えばもう散り始め、葉桜が目立つようになってきました。冬の寒さといい、今年の天候は極端ですね(-_-;)

さて、今回は先週末プライベートで大阪府の緑地公園をいくつか巡り、季節を感じる花を撮影してきたのでブログをご覧の皆様にも少しですがご紹介させていただきます(^^)/

まず最初にご紹介するのはミズバショウ(^^)/ くろんど園地内の湿地に群生していました。くろんど園地はカタクリも植えられていて、3月下旬〜4月上旬にこれらの花を楽しむことができます。山道は非常によく整備されているので、軽いハイキングにはぴったりですよ(^^)/

ミズバショウ.jpg



続いてはアカシア。今回のアカシアはミモザと言われる種類ですが、他にも三角形の葉をしたアカシアなど、いくつか種類があります。可愛らしいお花と何とも言えない甘い香りが春を演出してくれます(^^)/ ただ枝が柔らかく強風で枝が折られやすいので、栽培される際は支柱等をしていただいた方が無難です(-_-;)

ミモザアカシア.JPG



次はサンシュユです(^^)/ 季節になると道の駅等の切花コーナーにもよく売られているのを見かけます。独特の花姿が特徴で、満開の時期は木が一面黄色に覆われてとてもきれいですよ!

サンシュユ.JPG



最後にご紹介するのがハナカイドウ。私の腰の位置くらいの高さの木で花が満開になっていて、メジロが口の周りを花粉まみれにしながら吸蜜していました。花に夢中になるあまり、メジロ側からカメラを構える私の方に寄ってきて、最後は手を伸ばせば届く距離まで近づいて来ました。とてもかわいいけれど、野鳥としてそれはどうなんだ(-_-;)

ハナカイドウ.JPG



最後にオマケ!

セイヨウタンポポ.JPG


カンサイタンポポ.JPG



同じ河川敷に生えていたタンポポですが、どこか印象が違いませんか?

実はこれ、上は外来種のセイヨウタンポポで、下は在来種のカンサイタンポポです。一般にタンポポと言えば上のセイヨウタンポポをさすことが多く、在来種のタンポポはあまり見かけなくなりました。こんな身近なお花でも、外来種問題を体感することができます。普段あまりタンポポをよく見ることはないかと思いますが、もし機会があれば一度チェックしてみて下さいね(^^)/

以上、MASAでしたm(__)m

★大和農園の通信販売カタログ(無料)をご希望の方はこちら★
posted by 大和農園 通信販売部 at 09:42| Comment(0) | 見頃の花
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。