2018年03月26日

長生きして欲しい!


お久しぶりのNの局です。
春分の日も過ぎて、たくさんの花が春を彩る時期になりましたね。
我が家のベランダのフリチラリアも先週から咲き始めました。
結構長い間咲き続けてくれて大満足!

フリチラリア2.jpg

と、一方で庭の日当たりがイマイチな場所に置いたプランターの
フリチラリアの生育状況は…
フリチラリア1.jpg
置き場所の違いもありますが、同じプランターの中での生育差も
なかなか激しい(^^;
丸で囲んだ子などはやっと芽が出たところです。
日当たりの重要性を痛感しつつ…まあ生育の差があると開花期がずれて
長い間花が楽しめるということで!
この冬は寒い日が続き春になってからも雪のニュースがちらほら。
いつもなら芽が出ているような植物の芽吹きが遅れている場合も
あるかもしれませんが、気になって土の中をほじくり過ぎて
植物を傷めることのないようにご注意ください。

色々な花が楽しめる時期でもやはりこの時期はサクラ!
それもソメイヨシノの開花が気になる今日この頃。
家の近所のサクラの名所も枝垂れザクラが見頃を迎えており
ソメイヨシノも徐々に花数が増えてきています。

枝垂桜.jpg

さて、皆さんは「ソメイヨシノの寿命60年説」というのを聞かれたことがありますか?
他のサクラに比べて開花するまでの年数が短いけれど寿命も短いとか。
戦後に各地で植えられたソメイヨシノたちが続々と寿命を迎えてしまい
お花見が楽しめなくなる…などという残念な話が。
確かに樹勢が衰えて弱ってしまう木も多いようですが、青森県の弘前公園には
日本最古と言われる樹齢130年を超えるソメイヨシノがあるとか。
弘前公園にはその他にも樹齢100年以上のソメイヨシノが300本以上あり
今も美しい花を咲かせているそうです。
愛情込めて上手に管理して寿命60年説など払拭して欲しいものです。


★大和農園の通信販売カタログ(無料)をご希望の方はこちら★

★大和農園オンラインショップはこちら★


posted by 大和農園 通信販売部 at 16:18| Comment(0) | オフタイム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。