2017年07月14日

トウモロコシ栽培に挑戦!


こんにちは、ぱんだです(^^)

奈良では今週からセミが鳴き始め、日差しの強い日が増えてきました。
暑いのは嫌いですが、夏にもいいことがたくさん!
素麺、花火、お祭り!
そして夏野菜の旬です!
今回は、最近収穫をしたトウモロコシの栽培奮闘記をお送りします(^^)
育てた品種はバイカラーのスイートコーン『スイートスター』です。

4/24に育苗ポットにタネを播いて、
1週間ほどで芽が出ました。(写真は撮り忘れてしまいました…)

5/12に肥料やマルチを張って、畑に定植しました。
定植直後の様子がこちら
撮影日:2017/5/12
○5.12.jpg
本来はもっと列を多くした方が受粉率も上がるので、
粒揃いの良いきれいな実が収穫しやすくなるそうなのですが、
スペースの関係上、今回は左右交互に植える千鳥植えにしています。



畑に定植して約2週間後の様子。
撮影日:2017/5/29
○5.29.jpg
ずいぶん大きくなりました!この状態で背丈が40p前後。
追肥は草丈約30pを目安に行うそうなので
株元に化成肥料を少量施しました。



さらに10日後…。
撮影日:2017/6/9
○6.9.jpg
葉が大きくなり、濃い緑色も青空に映えて美しいです。
大きくなるにつれて、株元から分けつが発生してきますが、
切らずにそのままでいいそうです。


そのさらに10日後。
写真ではちょっと分かりにくいですが、頭の部分に雄花が上がってきました。
撮影日:2017/6/19
○○6.19.jpg



雄花が上がり始めた1週間後に雌花も出てきました。
てっぺんで開いているのが雄花、トウモロコシのヒゲにあたるのが雌花です。
撮影日:2017/6/26
○6.26.JPG



ヒゲが根元まで焦げ茶色になったら、さっそく収穫!
ためしに列の端と真ん中を1本ずつ収穫してみました。
すると、皮を剥いて出てきたのは、全く見た目の異なるトウモロコシでした(笑)


左が列の真ん中からとったもの、右が端からとったものです。
撮影日:2017/7/7
○7.7.JPG
トウモロコシは、1粒1粒がすべてそれぞれのヒゲとつながっています。
おそらく、端からとった右側の方は風向きなどの影響か
受粉が完璧に行えなかったのでしょう…。
粒が不揃いで隙間も目立ちますね(^_^;)
列を多くして栽培をすることの重要さを実感しました(笑)



ちなみに茹でトウモロコシで食べ比べをしたところ、
どちらもとても甘くてめちゃくちゃ美味しかったのですが、
より甘かったのは右の方でした。
なぜだろう…。


ちなみに、トウモロコシは収穫するとその直後から糖度が落ちていきます。
せっかくの家庭菜園!食べる直前に収穫してみましょう♪
収穫直後なら、生食もおすすめです!
今回育てた『スイートスター』は、甘味が強く生でも美味しかったですよ♪


お鍋で茹でてもいいですが、皮ごと4〜5分レンジでチン!
これだけで簡単に茹でトウモロコシができちゃいます(^^)
皮つきが気になる方は、皮を剥いてラップやビニル袋に入れてもできます。


育て方は簡単で、とりたても食べられるトウモロコシ栽培!
みなさんもいかがでしょうか???


★大和農園の通信販売カタログ(無料)をご希望の方はこちら★

★オンラインショップはこちら★

〈栽培メモ〉
土作り:1uあたり完熟牛糞堆肥 2kg、化成肥料8−8−8 120g、苦土石灰 100g
追肥:草丈約30pの頃に化成肥料30g
定植日:2017/5/12 株間30cmになるように定植(ポット播種 2017/4/24)
気候:奈良県天理市の気候に準ずる
posted by 大和農園 通信販売部 at 17:50| Comment(0) | 栽培奮闘記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。