2017年01月20日

春に向けておすすめ球根のご紹介


こんにちは!SHOです。
新年1月も下旬を迎え、寒波の到来など一層寒くなっていますね!
今回は春カタログ2017で販売中の商品の中からおすすめ商品をご紹介します!

ご紹介するのは8ページに掲載している「ツバメスイセン」と、22ページに掲載している「ハエマンサス・ムルチフローラ」です。

・ツバメスイセンって?
「スプレケリア」とも呼ばれるメキシコ原産、ヒガンバナ科の春植え球根です。“スイセン”と名前に入っていますが、寒いのは苦手で、管理などはアマリリスに準じたものになります。

撮影日:2016/06/17
DSCF7849b.jpg
実際の花はこのように大きく、真っ赤で存在感があります。
鉢植えにして初夏のお庭のワンポイントにするのがおすすめです。

続いて「ハエマンサス・ムルチフローラ」について

・ハエマンサスって?
南アフリカ原産、ヒガンバナ科の球根で「ムルチフローラ」は春に植えて夏に咲き、冬は休眠する種類になります。こちらも寒さには弱く、霜の心配がない5月以降に植えるのがおすすめ。

撮影日:2016/07/20
DSCF7926b.jpg
6月初めに植え、開花したのは夏休み直前でした。花が大きいため茎がちょっと曲がっています。

DSCF7927b.jpg
ちょっとアップで撮影。小さな花がたくさん集まって出来上がる球は線香花火のよう。
ちなみに球の直径は15センチほどで存在感抜群です!

・・・ということで今回は初夏〜夏を彩るちょっと面白い球根をご紹介いたしました。
どちらも寒さと過湿に気を付ければ簡単に栽培できますのでこの機会にぜひお試しくださいませ!

SHOでした!

★大和農園オンラインショップはこちら★

posted by 大和農園 通信販売部 at 17:28| Comment(0) | 私のおすすめ品種
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。