2016年12月02日

アイスチューリップ栽培@


こんにちは!SHOです。
12月に入り今年もあと1か月を切りました!
今年やり残したことを遂げて、すっきりとした気持ちで
新年に備えたいですね。

今回から数回に分けて今年販売させていただきました
「アイスチューリップ」の生育の様子をお伝えしていきます。

●「アイスチューリップ」って何? という方へ
「アイスチューリップ」はポットに球根を植え付け、発芽・発根させた状態で冷凍処理(一定期間寒さに当てる)をして生長を止めています。そのあとに自然の温度環境へとポットを出してあげることで、球根が「寒い冬が終わって春が来たんだ!」と勘違いして花を咲かせます。咲く時期も暖かな春と違い、気温も低いため花もちもよく2週間から長ければ1ヶ月も花を楽しむことができます。

撮影日:2016.12.2
DSCF8056.JPG
今年、ご注文いただきましたお客様へお送りした10.5センチポットです。
芽が確かに出てきています。

DSCF8058.JPG
ポットの真ん中あたりで球根を発見!
ポット底(写真上側)には白く健康な根がびっしり張っています。

DSCF8059.JPG
今回は1ポットを6号くらいの鉢に移し替えました。
ここからどれくらいの速さで花を咲かせてくれるのか楽しみです!

今回はここまで!
クリスマスちょうどに咲いてくれれば・・・と願いつつ
見守っていきます。

SHOでした!
posted by 大和農園 通信販売部 at 18:01| Comment(0) | 栽培奮闘記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。