2016年11月22日

竜田といえば


お久しぶりです。
Nの局です。

急に気温が下がり紅葉の色付きも一気に進んだ感じですね。


〜ちはやぶる 神代もきかず竜田川 からくれなゐに水くくるとは (在原業平)〜
「不思議なことがたくさん起こっていた神々の時代にも聞いたことがありませんよ。(紅葉の名所の)竜田川が一面に紅葉を浮かべて流れる水をくれない色の絞り染めにするなんて。」

〜嵐吹く 三室の山のもみぢ葉は 竜田の川の錦なりけり (能因法師)〜
「嵐が吹いて散らした三室山の紅葉が浮かんだ竜田川の水面は錦織のような美しさだよ。」

百人一首で詠まれるほどの竜田川の紅葉。
1000年の時を経た現在もその美しさは健在なのか?!
…と、実は家から車で20分の近さなのに今まで一度も紅葉の時期に訪れたことがなかった竜田川に行ってきました。


三室山 碑.jpg
三室山の入り口にはこんな碑もあって期待が膨らみます!
…が、
三室山紅葉.jpg
山全体が紅葉で真っ赤なものを想像していたのでちょっと寂しい感じです。

では、竜田川の川沿いは…
竜田川 橋.jpg

紅葉.jpg

う〜ん。
これまた、すごい紅葉を想像していたので…。
ただ、両岸は遊歩道が整備されていて散歩するにはぴったりです。

子供の頃に遠足で竜田川に来たという父親の話では、遊歩道が整備されていなかった
昔の方が紅葉はたくさん生えていたとか。
数十年でもそんなに差があるなら、和歌の詠まれた頃は今とは全然違う
野趣あふれた紅葉の風景が広がっていたのでしょうね。



さて、竜田といえば竜田揚げ!(かな?)
竜田揚げは肉や魚を醤油とみりん等に漬けて片栗粉をまぶして揚げたものですが、竜田川は諸説ある竜田揚げの語源の1つだそうです。揚げた時に衣の色が赤くなった様子が竜田川の紅葉に似ていることからこの名が付いたとか。(…かなり強引だな〜と感じるのは私だけ?)そして、数年前から竜田川流域の市町では竜田揚げをご当地グルメにしての町おこしプロジェクトをやっています。
ネットで調べてプロジェクト参加店に寄ってみました。
(竜田揚げの名前の由来を商品提供の際に説明することと、本物の紅葉の葉を添えることがプロジェクト参加店のお約束のようですが、どちらもなく…)

竜田揚げ.jpg
自分で拾ってきた紅葉の葉を添えてみました♪
竜田川の紅葉に過剰な期待をしていたので、つい辛口評価で
書いてしまいましたが、十分紅葉が楽しめるのどかでいい場所です。

数年前に桜の季節に行ったことがあります。
三室山全体が桜に覆われて淡いピンクの山になって
とても美しかったのを覚えています。

三室山全体 桜.jpg
桜の季節もおすすめです!
                                   


★大和農園の通信販売カタログ(無料)をご希望の方はこちら★

posted by 大和農園 通信販売部 at 17:13| Comment(0) | オフタイム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。