2016年11月18日

野菜苗から始めるキュウリ栽培 その3


こんにちは!MASAです(^^)/

朝晩はすっかり冬の寒さとなり、奈良はうっすら霜が降りているところも出てきました。季節が着々と冬に向かっておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて、今回は随分と間が空いてしまいましたが、、野菜苗から始めるキュウリ栽培その2の続編となります。夏の話を今すると少し違和感ですがどうぞお付き合いください(-_-;)

       撮影日:2016/6/6
2016.6.6 摘心.JPG

        
キュウリの生育は非常に早く、一日ごとにその姿が変わります。親ヅルを伸ばしていくと、このように小ヅルがどんどん発生します。しかし、これを伸ばしすぎると風通しなどが悪くなってしまうので、2〜3節で摘心してしまいます。もったいないように見えますが、これが株を健康に保つことにつながります(^^)/


        撮影日:2016/6/12
2016.6.10 肥大2.JPG


株が大きくなるのに並行して花もどんどん咲き、無事受粉に成功すると瞬く間に果実が大きくなります。これは受粉してからわずか2日後のキュウリ。もうすでにそれっぽい形になっていますが、この果実が次の日になると…

        撮影日:2016/6/13
2016.6.10 一番果収穫.JPG


こうなります(゜_゜)
一番果は株が小さいうちにとれるので、このくらいのミニサイズで収穫すると後が長持ちしますよ!

       撮影日:2016/6/13
2016.6.13 収穫.JPG


ということで、キュウリの一番果初収穫です(^^)/
可愛らしいサイズですが、生で食べてもしっかりと味がして非常に美味しかったです!


今回はここまで。キュウリ栽培はこの後も株を大きくさせながら収穫が続きます。次回の栽培奮闘記もお楽しみに!

★大和農園の通信販売カタログ(無料)をご希望の方はこちら★

<栽培メモ>
土作り:1u当たり完熟牛糞堆肥2s、化成肥料8-8-8 50g、苦土石灰100g
定植日:2016/5/12
追肥:2016/5/25 球根用3-7-5 1株当たり10gずつ追肥
初開花確認日:2016/6/5
初収穫日:2016/6/13
気候:奈良県天理市の気候に準じる

posted by 大和農園 通信販売部 at 14:40| Comment(0) | 栽培奮闘記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。