2016年04月15日

2016吉野の桜


お久しぶりです。Marieです。
突然ですが、大和農園は奈良県にあります。
奈良には吉野の桜という、全国的にも超有名な桜の名所があります。
この時期にブログの当番がまわってきたということは、
吉野の桜を見に行けってことですよね。


奈良に住み始めて約10年。
吉野の桜を見に行ったのは5、6年前に1度だけ。
当時、吉野の桜には下千本・中千本・上千本・奥千本があり、下千本から順に見ごろをむかえ、今は奥千本が見頃だという情報のみで、下調べゼロ、ノープランでとりあえず行ってみました。
10時前に吉野駅に到着。とりあえずロープウェーに乗りました。下千本の上を通過する感じなんですかね。桜は散っていて、何の感動もありませんでした。
その後、全行程ほぼ登り坂の道を、とりあえず歩き、かなり歩き、さらに歩き、やっと奥千本入口に到着。奥千本入口の立札(?)がシュールだったので写真を1枚。気づかず素通りしてしまうところでした。

奥千本立札.png



余談ですが、ブログを書くにあたり、当時の写真のデータを見返したのですが、これが1枚目の写真でした。奥千本入口に来るまで中千本も上千本も通ったはずなのに・・・。


さらに歩くと、道は舗装されておらず、完全に山登りの道になりました。人がすれ違うのもやっと、岩がごつごつしているし、ぬかるみもあるし、滑るし。やっと奥千本に到着です。
桜は咲いてはいましたが、たどり着くまでの苦労を考えると、報われた感じはなかったです。


奥千本.png



帰りは、もうどうでもよくなって、吉野駅まで全て歩きました。
駅に到着したのが4時か5時頃だったように思います。
当時、ひざ上のデニムのスカートに、かろうじてスニーカーという、奥千本に行くにはふざけた格好でよくやったと当時も思いましたし、今でも思います。




しかし、今年は違います!
4/8(土)天気は晴れ。中千本・上千本がちょうど見頃。
吉野駅から臨時のバスが出ていることもチェック済み。
何かあれば携帯で調べればいいし。フル充電で持っていくぞと充電器に接続。
結局、携帯はそのまま家でお留守番でした。


頼りにしていた携帯を忘れたことに不安を感じながらも、9時半ごろ吉野駅に到着です。
見頃なだけあって、電車は超満員。臨時のバスにも長蛇の列ができています。事前に調べていた臨時バスの時刻表だと1時間に4本でしたが、実際は次々にバスがきて、あまり待たずにバスに乗ることができました。

下千本.jpg



吉野駅正面の景色。吉野駅正面にはロープウェーがあり、さっそく下千本の桜がお出迎え。
目の前の人だかりはバスを待つ行列。



吉野駅から中千本までバスで行き、吉野水分神社まで歩いて登るのが今日の目標です。
バス停から神社まで歩いて15分くらいかなーと勝手に思っていたのですが、吉野水分神社を指す看板はいっこうに現れず、坂道もきつかったので、駅で配っていた地図をあらためてよく見てみると、「中千本バス停から吉野水分神社まで徒歩45分」とあるではないですか。坂道を45分。きついですよ。奥千本までバスで行って下った方がよかったかなと少し後悔です。

中千本1.jpg



ですが、吉野水分神社まで歩く道のりで見渡せる中千本と上千本の景色は、一目千本といわれるだけあって、すばらしいものでした。結果的に、登りと下りで違う表情を楽しめたので中千本から歩いて正解でした。


吉野の桜を見に行かれるときは、人ごみ覚悟で中千本・上千本が見頃の時期をお勧めします。

物好きな方はどうぞ奥千本まで。
あと、携帯電話はお忘れなく・・・。

★大和農園の通信販売カタログ(無料)をご希望の方はこちら★

posted by 大和農園 通信販売部 at 18:18| Comment(0) | オフタイム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。