2015年04月22日

チューリップ紹介 前編


こんにちは!SHOです。
4月も後半に入り、秋に植えた球根たちも開花を迎えるものが多くなってきましたね!
今回は 秋カタログ2014 で販売させていただいた「チューリップ」の一部をご紹介します。
※秋カタログ2015では登場しない品種もございます。

奈良県で栽培した際の1例に過ぎませんが、花の色や開花時期など参考になれば幸いです。

ではスタートです!

撮影日:2014/12/30
ブログ用B.jpg
今回の植え付け時期は年末! 深さは10 cm、株間は5 cmです。

2015年を迎え、しばらくした後…

撮影日:2015/03/16
ブログ用@.jpg

ブログ用A.jpg
3月に入ってから続々と芽が出始めました。
写真中で突出して生育の早いものは ‘ 冷蔵チューリップ ベンバンザンテン ’ です。
冷蔵処理によって、根が出るのが早かったため生育が早いです。
詳しくはブログ記事 “ 「冷蔵チューリップ」で一足早い春を!” をご覧ください。

http://yamatonoen-tuhan.sblo.jp/article/114055292.html


撮影日:2015/03/28
ピランド  ブログ用.jpg
4月に入る直前に咲きだしたのは ‘ ピランド ’。
極早生の特性の通り、冷蔵球根以外では開花一番乗りでした。
花弁の長さは少し長めで、写真の通り花弁が開くとふんわりとした印象になります。


…ちなみに同日の ‘ 冷蔵チューリップ ベンバンザンテン ’ はこちら
ベンバンザンテン ブログ用.jpg
3月20日以降に順次開花していきました。


撮影日:2015/04/06
ライラックワンダー ブログ用.jpg
4月の上旬を迎え、暖かな日々が続くようになると沢山のチューリップが開花しました。
こちらは原種チューリップ ‘ ライラックワンダー ’。
丸みのあるピンクの花弁がかわいらしいですね! 草丈も低く、可憐な印象です。


ステラータ  ブログ用.jpg
こちらは原種チューリップ ‘ ステラータ ’。
白と桃の配色がとてもきれいですね(゚∀゚) 私のお気に入りです!
細い茎が長ーく伸びる傾向にあり、他のチューリップと寄せ植えしても高さが合います。
6枚の花弁のうち、3枚の外側部分だけが桃色となり、花の基部は黄色をしています。
明るい配色のため、他の花とも合わせやすいと思います。


ピノキオ ブログ用.jpg
こちらは ‘ ピノキオ ’。
草丈が低いところで開花する特徴があります。花色は ‘ ピランド ’ 同様に明るめの赤で縁に白が入ります。葉に模様が入ることもあり、写真では赤い線が入っています。


ルビープリンス ブログ用.jpg
こちらは ‘ ルビープリンス ’。
昨年の赤色かつ早生の品種と言えばこれ!でした。
草丈は30 cmほどで、基本の赤と言えますね!


キャンディプリンス ブログ用.jpg
こちらは ‘ キャンディプリンス ’ (後ろに見えるのは ‘ ライトピンクプリンス ’ )。
薄い紫色、いわゆる藤色をしている品種です。
濃い紫と比べてインパクトは負けますが、やわらかな色合いから他の色の花との相性が良いところがこの子の強みと言えます。


ライトピンクプリンス ブログ用.jpg
こちらは ‘ ライトピンクプリンス ’。
ピンクの花色と比較的低めの草丈から、鉢植えにぴったりの品種です。
上記を含めた「プリンス」シリーズは開花期や草丈が揃うのでセットで植えれば美しい景色を作り出してくれます。


スウィーティ ブログ用@.jpg
こちらは ‘ スウィーティ ’。草丈は50 cmほどで、他よりも少し高めです。
開花当初は緑を残した白色花弁です。
…が、ある程度日にちが経ってからがこの子の見せ所!


撮影日:2015/04/14
スウィーティ  ブログ用A.jpg
一週間もするとご覧のとおり!花が桃色に色づいてきました(゚∀゚)
日々の変化も楽しめるとってもいい子です。

撮影日:2015/04/06
ガジェット ブログ用.jpg
こちらは ‘ ガジェット ’。
白色の花弁に赤い線が入るおしゃれな品種です。丸みのある花弁もかわいらしいですね!
私としては他の品種との寄せ植えよりも、この子だけをたくさん植えたいと思える品種です。


黄小町 ブログ用.jpg
黄色の定番といえばこの ‘ 黄小町 ’。30年愛され続ける品種です。
草丈は30 cmほどで、花の大きさは上で紹介してきた子たちよりも大きめです。
どっしりとしていて、安心感を与えてくれる子だと思います。


綿帽子 ブログ用.jpg
最後は ‘ 綿帽子 ’。
写真からわかるように草丈は高めで50 cmほど。
花の大きさは‘ 黄小町 ’よりも大きくなりました。
花色はクリーム色と白の中間くらいです。
草丈が高く、白く大きな花をもっているので壁のある花壇の壁面近くなどに植えてあげると見栄えがよく、この子の良さが生かされると思います。


・・・ということで今回は3月下旬から4月上旬にかけて開花したチューリップをご紹介しました。

次回は4月中旬以降のチューリップをご紹介します。
チューリップを好きになっていただければ幸いです!


SHOでした!


★大和農園の通信販売カタログ(無料)をご希望の方はこちら★


●栽培メモ
植え時期:12月30(適期は11月〜12月)
植え場所:地植え 深さは10 cm、株間は5 cm
温度条件:奈良県の気温に準じる
土壌条件:畑の土 元肥などは特になし
水やり他:天候に任せる 自身での水やりはしない

posted by 大和農園 通信販売部 at 15:39| Comment(0) | 栽培奮闘記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。