2017年02月01日

樹氷を見ました!


助っ人の内田です。

時々暖かい日もあり春に向かっているのを感じていますが、まだまだ寒い日が続いています。
今回は昨年に出かけた釈迦ヶ岳についてご紹介します。

釈迦ヶ岳は続日本百名山に選ばれ、奈良県十津川村と下北山村の境にあります。
標高1799メートル。山頂には1等三角点が設置されています。
ピラミッド型の山頂は大峯山系随一の眺望で360度山々が見渡せます。

山頂は世界遺産 修験道「大峯奥駈道」を通るルートになっており、
釈迦ヶ岳のシンボル「釈迦如来」が迎えてくれます。
この優美な釈迦如来像は大正13年夏、大峯開山以来の強力「岡田雅行氏(オニ雅)」が一人で担ぎあげたといわれています。
この釈迦如来像の倒壊を防ぐため大峯奥駈道を修行の場とする全国の寺院の協力を得て修復され、平成19年8月に再び釈迦ヶ岳の山頂に建立されました。
十津川村からは宇宮原の旭橋から「もみじ街道」に入り、釈迦ヶ岳登山口へ登ることができます。

※以上、十津川村観光協会HP(http://totsukawa.info/joho/world_heritage/syakagatake.html)より引用。


普段は家でゴロゴロしていることが多いのですが、昨年末、会社の方にお誘いいただきこの釈迦ヶ岳に行ってきました。
今回は大峰山脈西側の太尾登山口からの出発を目標に早朝天理を出発しました。
このコースは比較的初心者でも登りやすく標高差500m、往復4時間ほど登って来れます。
ただし、登山口にたどり着くまでの林道が長く、道が細くてクネクネで、落石も多く、ガードレールがない場所もあるため、新車・大型車で行くのはおすすめできないのでご注意を。

9時くらいに登山口に到着、出発しました。あいにくの曇り空でのスタートになりました。
始めに少し登ると、すぐに緩やかな登りになりました。時期や標高の関係もあり、笹と枯れた木々が少しある程度でしたがひらけていていい感じでした。
進むにつれ少しずつ樹氷が出てきました!
DSC_0597.JPG

最初は少しでしたが、、
進むにつれて樹氷が増えていき、、
DSC_0625.JPG

後半は絶景でした。
DSC_0646.JPG

樹氷を見ながら進んでいくと登りがキツくなり、登山口から2時間ほどで山頂に到着しました!
山頂では釈迦ヶ岳のシンボル「釈迦如来」が迎えてくれました。
DSC_0654.JPG

お釈迦様の大きさは台座を含めると高さは3m以上あるそうで霧氷と合わさってとても感動しました。
帰りは晴れ間も見え、樹氷と相まってこれまた感動しました。
DSC_0686.JPG

DSC_0712.JPG


またいつか行きたいです!!

なお、今回のコースは初心者向けではありましたが、後半は指先の感覚が薄れていく程寒かったのでしっかり準備した方がいいと感じました。
選ぶコースによっては難易度が高いものもあるそうなのでその辺りもご注意を!


ただいまプレゼント企画実施中!!

★大和農園の通信販売カタログ(無料)をご希望の方はこちら★


posted by 大和農園 通信販売部 at 18:26| Comment(0) | オフタイム