2016年08月25日

モデルデビューしちゃいました!!



またまた呼ばれて飛び出てまいりました!!
スケット隊のにゃあこ先生です(^O^)/
みなさまこんにちは。
暑い夏みなさまいかがお過ごしでしょうか。
あ、あつい、ほんとにあつい!!
もうやだぁ===!!!!
にゃあこ@.jpg

ってこ〜んな顔していたら。。。
飼い主さんがこんなものを買ってくれました。
実はこれ↓↓↓アルミ製の猫鍋
にゃあこA.jpg


ひんやり気持ち〜
このまるみが体にちょうどフィットして
暑い夏のお昼寝には最適ですね
にゃあこB.jpg


そういう飼い主さんは夕涼みに「なら灯燈会」に行ってきたそうです。
少し早い時間なので写真のような感じですが。。。
夜になるとほんとにきれいですよ。


毎年8月の初めごろからお盆休みくらいまで開催され
夜、各会場のたくさんのやさしいローソクの灯りが
奈良のまち全体を包み込んでくれます。
東大寺や興福寺、春日大社といったところも会場となっていますので
来年、ぜひライトアップされたやさしい奈良のまちを見に来てください!!


撮影日2016年8月11日
燈花会@.jpg

燈花会A.jpg



それから本日重大なお知らせがあります。
見てください!!
この度わたくし、なんとカタログに載せていただきました!!
やった〜!! 拍手っっ!!
国民的アイドルへ一歩前進〜 

友の会会報誌 2016初秋号 と 園芸だより 2016秋 臨時増刊号
どちらにも載っておりますのでにゃあこ先生を探してみてくださいね。
カタログ.jpg


ぜひぜひみなさまのお宅のねこちゃん用に
「ねこ草」を育ててあげてくださいね。
日本国内で精査・管理し、厳しい基準をクリアしたもののみ
の有機種子なのでとっても安心です。
商品のご購入はこちらから↓↓↓
https://shop.yamatonoen.co.jp/products/detail/7816



★大和農園の通信販売カタログ(無料)をご希望の方はこちら★

posted by 大和農園 通信販売部 at 17:54| Comment(0) | オフタイム

2016年08月22日

野菜苗から始めるキュウリ栽培 その1


こんにちは!MASAです(^^)/

夏の甲子園もオリンピックも終わり、夏も終盤に差し掛かってきましたね。といっても暑さは全く引いていませんが(-_-;)
皆様はいかがお過ごしでしょうか?

さて、今回から栽培奮闘記の新シリーズです!
今回は何を育てるかというと・・・。

2016.5.12 苗.JPG
         

キュウリです!
前々回のエンドウ豆栽培で仕立てたネットをそのまま撤去するのももったいないと思い、何か栽培できるものが無いか調べた結果、これにたどり着きました。今回は運よく接木の苗が手に入ったので、こちらを使用して栽培してみることにします(^^)/

         撮影日:2016/5/12
2016.5.12 植え場所.JPG



ここがエンドウ豆栽培の跡地(手前にまだツタンカーメンのエンドウ豆がちらっと写っていますね)。今回はここの畝を少しだけスコップで耕して、そのまま苗を植え付けてしまいます!


         撮影日:2016/5/12
2016.5.12 水やり後.JPG



硬くなった土をスコップで掘り返し、石灰と肥料を混ぜ込んで再度畝立てして苗を植え付けました。肥料や石灰の分量、作業の過程は一番最後に記載しておきますのでご参照くださいm(__)m


       撮影日:2016/5/12
2016.5.12 定植苗.JPG



思いつきで始まったキュウリ栽培。もちろん栽培するのは初めてですが、この小さな苗から無事に収穫までたどり着けるのでしょうか?

次回以降の栽培奮闘記をお楽しみに!


★大和農園の通信販売カタログ(無料)をご希望の方はこちら★


<栽培メモ>
土作り:1u当たり完熟牛糞堆肥2s、化成肥料8-8-8 50g、苦土石灰100g
定植日:2015/5/12
気候:奈良県天理市の気候に準じる

posted by 大和農園 通信販売部 at 17:44| Comment(0) | 栽培奮闘記

2016年08月18日

ハスを栽培してみました


こんにちは!SHOです。
8月盆ということで、15日まで弊社お休みをいただいておりました。
お電話いただいたお客様にはお手数をおかけいたしました。
現在は営業を再開しております。

今回は、“ 新種苗 2016早春号 ” にて販売しておりました小型のハス
「杏黄 あんこう」が開花を迎えておりますのでご紹介したいと思います。

撮影日:2016/05/27
DSCF7778b.jpg
21センチのポットでしばらく栽培していましたが、生育が芳しくなかったため
大きなプラスチック容器へと植え替えました。

撮影日:2016/06/01
DSCF7799b.jpg
土に馴染みはじめたのでしょう。白く健康な根が出てきました。

DSCF7800b.jpg
植え替えた時にすでにあった葉が開きまずは一安心。

撮影日:2016/06/15
DSCF7832b.jpg
さらに2週間後。葉がどんどん増えてきました。

撮影日:2016/07/11
DSCF7890b.jpg
しばらく撮影していないうちに葉が容器を埋め尽くすほどに。

DSCF7891b.jpg
この頃から蕾がぽつぽつと上がってきました。

撮影日:2016/07/19
DSCF7916b.jpg
指先ほどの蕾が一週間ほどでだいぶ大きくなりました。

撮影日:2016/07/20
DSCF7923b.jpg
5月下旬に植え替えてから、約2か月で開花。
栽培していた「杏黄」ですが、黄色の美しい花を咲かせてくれました。
花びらが細いからでしょうか、すらりとした花姿をしていて新鮮でした。

撮影日:2016/08/18
DSCF7957b.jpg
8月を迎え、どんどん蕾が上がってきています。

DSCF7958b.jpg

いかがだったでしょうか?
秋の球根が休眠に入ったり、春の球根の生育が衰えたりする真夏ですが、
スイレンやハスは美しい花姿を見せてくれるのでおススメです。
今回の栽培は奈良県での一例にすぎませんが、参考になれば幸いです。


SHOでした!


★大和農園の通信販売カタログ(無料)をご希望の方はこちら★

●栽培メモ
植え時期:5月下旬(適期は4月〜5月)
植え場所:鉢植え
50 × 35センチ 深さ27センチ
温度条件:奈良県の気温に準じる
土壌条件:畑の土を容器の半分ほどの高さまで入れ、そこからさらに10センチほど水を張る
水やり他:水が少なくなったら注ぎ足し
     ボウフラが湧いたらネットなどですくい上げて除去
     褐変した葉は間引いて株元に光がさすようにする
posted by 大和農園 通信販売部 at 17:06| Comment(0) | 栽培奮闘記