2018年11月09日

童心に返って…


朝の出勤時、空を見上げると雲一つない青空が広がっていて
会社ではなくどこかに旅行に行きたくなる今日この頃…のNの局です。

11月3日「文化の日」の朝9時、あるイベントの開催を知らせる花火の音が響くのが
私の住む大和郡山市では毎年恒例の出来事です。
DSC_0253.JPG
そのイベントは「親子まつり」。
春は桜が美しい郡山城跡で行われるお祭りなのですが、特徴的なのが露店・屋台に
本業の人のお店だけでなく「○○婦人会」「△△幼稚園家庭学級」「◇◇運営委員会」
といった団体がやっているお店がたくさん出ていること(おそろいの法被を
着ている団体もあって、さながら大人の学園祭のよう)と、ワークショップが
たくさん開かれていることです。

DSC_0263.JPG
みんなで作った折り紙が一つの大きな作品に。

DSC_0256.JPG
手作り感満載の輪投げ。

折り紙、割り箸と輪ゴムで作る鉄砲、紙で作る竹とんぼ、ペットボトルで作る飛行機等々、親子まつりの名にふさわしい子供達が喜ぶワークショップが開かれていました。

ワークショップ以外にも子供が楽しめる催し物・体験コーナーが盛りだくさん。
DSC_0270.JPG
私も乗ってみたかった!けど…おばさんが一人で乗るのはちょっと厳しいミニSL。

DSC_0266.JPG
一人でたくさんの声色を使っての熱演が光る紙芝居。

親子まつりを見に行くのは数十年ぶりでしたが、
童心に返ってほのぼのした気分になった秋の一日でした。


★大和農園の通信販売カタログ(無料)をご希望の方はこちら★

★大和農園オンラインショップはこちら★
posted by 大和農園 通信販売部 at 09:37| Comment(0) | オフタイム

2018年11月02日

ハッピーハロウィン


こんにちは、サキチです。
2日遅れてしまいましたが…ハッピーハロウィンヽ(^o^)丿
正直私はこうしたイベント系に全く興味がないので何もしていませんが、
みなさんはどんなハロウィンを過ごされましたか?
かぼちゃ料理を作った方もいらっしゃるのでは…?


さて、先日京都に行くと…

IMG_9743.JPG

皆様このかぼちゃはご存知ですか?
かの有名な草間弥生さんの「南瓜」という作品です。
祗園にある、フォーエバー現代美術館 祗園・京都が収蔵しているそうで、
ハロウィンに合わせて10/26〜29の期間限定で展示されていました。
展示を知っていたわけではなかったのですが、まさかのコラボにびっくり!

アートの島と呼ばれる、香川県の直島で見たことがあったのですが、
まさかここで再会するとは…
たくさんの人が写真を撮って楽しんでいました。


朝晩かなり冷え込んでいますので、風邪をひかないようにご注意くださいね。


★大和農園の通信販売カタログ(無料)をご希望の方はこちら★


posted by 大和農園 通信販売部 at 17:49| Comment(0) | オフタイム

2018年10月29日

発見!マコモダケ!


こんにちは、マスオです。
朝晩が冷え込む日も多くなってきましたね。
ヒー○テックから始まり、コート、手袋……と、少しずつ防寒具を解禁しています(笑)

突然ですが、このお野菜をご存知でしょうか??
201810291.JPG
マコモダケ(真菰筍)です。
イネ科の植物(トウモロコシの仲間!)で、太った茎の部分を食べます。
タケノコのような、はたまたアスパラのような味わいだとか…?!

一度食べてみたいと思っていたのですが、なかなか流通しておらず。
この間スーパーで偶然発見したので、これは食べなければ!と即購入しました(*^_^*)

売り場のお姉さん曰く、新鮮だから生でも食べられますよ!とのこと。
他にも、煮物や炒め物にどうぞ♪と紹介されていました。

私は生野菜が大好きなので、とりあえず生でかじってみることに。
一番外側の緑色の部分は硬かったので削ぎ落とし、白い部分を食べてみます。
ポリポリとした食感で、クセもなく食べやすい!
確かにタケノコを連想するような風味で、サッパリしているな〜と思いました。


美味しかったので、全てそのまま食べても良かったのですが(笑)、
今回は売り場でオススメされた「きんぴら」にしてみました。

<マコモダケのきんぴら>
・マコモダケ…1本
・ニンジン…1/3本
・ごま油…適量
・酒…大さじ1
・白ごま…適量
・砂糖、みりん、しょうゆ…それぞれ大さじ1

@マコモダケとニンジンを、大きさを揃えて細長く切る。
マコモダケはアク抜きせずにそのまま使いました。
201810292.JPG

Aフライパンにごま油をひき、ニンジンを炒める。
油が回って火が通ってきたら、マコモダケを加えてさらに炒める。
201810293.JPG

Bしんなりしてきたら酒を回し入れ、馴染ませる。
砂糖、みりん、しょうゆも加えて煮詰める。味が足りなければ調整する。
201810294.JPG


器に盛り、白ごまを振って完成です♪
201810295.JPG
マコモダケは火の通り具合で色々な食感が楽しめました。
シャキシャキが好きな方は、炒める時間を短めにすると良さそうです!

旬が9月下旬〜10月中旬と、市場に出回る時期が限られているので
皆様も見かけた際には是非チャレンジしてみてください♪


食べ物の記事が連続してしまいましたが、
「食欲の秋」ということでお許しを…(笑)

美味しいものをたくさん食べて、寒い冬に備えましょう!(*^^)v
マスオでした。


★大和農園の通信販売カタログ(無料)をご希望の方はこちら★

★大和農園オンラインショップはこちら★

posted by 大和農園 通信販売部 at 17:01| Comment(0) | ○○のおいしい食べ方